Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

setColor

ROI オブジェクトの描画に使用する色を設定する

関数 setColor は推奨されません。代わりに、新しい ROI で、Color プロパティの値を設定します。詳細については、互換性の考慮事項を参照してください。

説明

setColor(h,color) は ROI オブジェクト h の描画に使用する色を設定します。

すべて折りたたむ

イメージを表示します。5 個の頂点の位置を指定してイメージ上に多角形を描画します。

imshow('gantrycrane.png')
h = impoly(gca,[188,30; 189,142; 93,141; 13,41; 14,29]);

多角形の色を黄に設定します。

setColor(h,'yellow');

入力引数

すべて折りたたむ

ROI オブジェクト。imellipseimfreehandimlineimpointimpoly または imrect オブジェクトとして指定します。

RGB カラー値。3 要素数値ベクトル、あるいは 'white''w' などの事前定義された色の完全名または省略名を指定します。定義済み色の一覧は、「ColorSpec」を参照してください。

互換性の考慮事項

すべて展開する

R2018b 以降は非推奨

R2008a で導入