ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

readRegion

クラス: ImageAdapter

イメージ領域の読み取り

構文

data = readRegion(adapter,region_start, region_size)

説明

data = readRegion(adapter,region_start, region_size) は、左上のピクセルの座標が region_start でサイズが region_size のイメージ領域を読み取ります。

入力引数

すべて展開する

イメージ アダプター。ImageAdapter のインスタンスとして指定します。

読み取る領域の左上の座標。[row column] 形式の正の整数の 2 要素ベクトルとして指定します。

読み取る領域のサイズ。[numrows numcolumns] 形式の正の整数の 2 要素ベクトルとして指定します。

出力引数

すべて展開する

イメージ データ。サイズが region_size の数値配列として返されます。

属性

Abstracttrue

メソッドの属性については、メソッドの属性 (MATLAB)を参照してください。

ヒント

  • ImageAdapter クラスから継承するクラスを作成する場合は、このメソッドを実装しなければなりません。

R2010a で導入