ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getpts

マウスを使用した点の指定

構文

[x, y] = getpts(fig)
[x, y] = getpts(ax)
[x, y] = getpts

説明

[x, y] = getpts(fig) ではマウスを使用して Figure fig の現在の座標軸内で一連の点を選択することができます。選択された点の座標は、XY で返されます。

点を追加するには、通常のマウス クリックを使用します。Shift クリック、右クリックまたはダブルクリックにより、最後の点が追加され、選択が終了します。Return キーまたは Enter キーを押すと、最後の点が追加されずに選択が終了します。Backspace キーまたは Delete キーを押すと、前に選択した点が削除されます。

[x, y] = getpts(ax) ではハンドル ax によって指定された座標軸内の点を選択することができます。

[x, y] = getpts は、[x,y] = getpts(gcf) と同じ結果になります。

すべて折りたたむ

imshow を使用してイメージを表示します。

imshow('moon.tif')

表示されたイメージ内の点を、マウスを使用して対話形式で選択します。ダブルクリックして選択を完了します。終了すると、getpts で点の位置が返されます。

pts = getpts

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?