最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

freqz2

2 次元の周波数応答

説明

[H,f1,f2] = freqz2(h)Hh6464 列の周波数応答と周波数ベクトル f1 (長さ 64) と f2 (長さ 64) を返します。h は計算分子の形式の 2 次元 FIR フィルターです。

freqz2f1f2 を -1.0 ~ 1.0 の範囲の正規化周波数として返します。ここで、1.0 はサンプリング周波数の 1/2 つまり π ラジアンに相当します。

[H,f1,f2] = freqz2(h,[n1 n2])Hhn2n1 列の周波数応答と周波数ベクトル f1 (長さ n1) および f2 (長さ n2) を返します。[n1 n2] は、2 つの個別の n1,n2 引数でも指定できます。

[H,f1,f2] = freqz2(h,f1, f2) は周波数値における FIR フィルター h の周波数応答を f1f2 で返します。これらの周波数値は -1.0 ~ 1.0 の範囲でなければなりません。ここで、1.0 はサンプリング周波数の 1/2 つまり π ラジアンに相当します。[f1 f2] は、2 つの個別の f1, f2 引数でも指定できます。

[___] = freqz2(h,___,[dx dy]) は、[dx dy] を使用して、h のサンプル間の間隔をオーバーライドします。スカラーを指定して、同じ間隔を x 次元と y 次元に指定することもできます。

出力引数を指定しない場合、freqz2(___) は 2 次元の振幅の周波数応答のメッシュ プロットを生成します。

すべて折りたたむ

この例では、fwind1 を使用した 2 次元フィルターの作成方法と、freqz2 を使用したフィルターの周波数応答の表示方法を説明します。

理想的な周波数応答を作成します。

Hd = zeros(16,16);
Hd(5:12,5:12) = 1;
Hd(7:10,7:10) = 0;

1 次元ウィンドウを作成します。この例では、長さ 16 のバートレット ウィンドウを使用します。

w = [0:2:16 16:-2:0]/16;

fwind1 と 1 次元ウィンドウを使用して 16 行 16 列のフィルターを作成します。このフィルターで理想に最も近い周波数応答が得られます。

h = fwind1(Hd,w);

フィルターの実際の周波数応答を表示します。

colormap(parula(64))
freqz2(h,[32 32]);
axis ([-1 1 -1 1 0 1])

入力引数

すべて折りたたむ

2 次元 FIR フィルター。計算分子の形式で指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

周波数応答の点の数。2 要素ベクトルとして指定します。

データ型: double

周波数ベクトル。数値ベクトルとして指定します。

データ型: double

サンプル間隔。[dx dy] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。既定の間隔は 0.5 で、サンプリング周波数 2.0 に相当します。dxx 次元の間隔を、dyy 次元の間隔を決定します。スカラーを指定すると、freqz2 はその値を使用して両方の次元のサンプル間隔を指定します。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

周波数応答。数値配列として返されます。

周波数ベクトル。数値ベクトルとして返されます。

データ型: double

周波数ベクトル。数値ベクトルとして返されます。

R2006a より前に導入