最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lsiminfo

線形応答特性を計算

構文

S = lsiminfo(y,t,yfinal)
S = lsiminfo(y,t)
S = lsiminfo(...,'SettlingTimeThreshold',ST)

説明

S = lsiminfo(y,t,yfinal) は、応答データ (t,y) と定常値 yfinal を受け取って、次の性能指標を格納する構造体 S を返します。

  • SettlingTime — 整定時間

  • Min — Y の最小値

  • MinTime — 最小値に達した時間

  • Max — Y の最大値

  • MaxTime — 最大値に達した時間

SISO の応答の場合、ty は、同じ長さ NS をもつベクトルです。NY 出力をもつ応答については、NS x NY の配列として y を、NY x 1 の配列として yfinal を指定することができます。次に lsiminfo は、各出力チャネルに対する性能のメトリクスの NY x 1 の構造体配列 S を返します。

S = lsiminfo(y,t) は、定常値 yfinal として y の最後のサンプル値を使用します。s = lsiminfo(y)t = 1:NS と仮定します。

S = lsiminfo(...,'SettlingTimeThreshold',ST) を使用すると、整定時間の計算に使われるしきい値 ST を指定できます。応答は、誤差 |y(t) - yfinal| が、そのピーク値の分数 ST より小さくなったときに整定します。既定値は ST=0.02 (2%) です。

すべて折りたたむ

次の連続時間の伝達関数を作成します。

H(s)=s-1s3+2s2+3s+4

sys = tf([1 -1],[1 2 3 4]);

インパルス応答を計算します。

[y,t] = impulse(sys);

impulse は、出力応答 y と、シミュレーションに使用される時間ベクトル t を返します。

最終応答値に 0 を使用して応答の特性を計算します。

s = lsiminfo(y,t,0)
s = struct with fields:
    SettlingTime: 22.8700
             Min: -0.4268
         MinTime: 2.0088
             Max: 0.2847
         MaxTime: 4.0733

インパルス応答をプロットしてこれらの応答の特性を確認できます。たとえば、最小の応答値 (MinTime) に達する時間は約 2 秒です。

impulse(sys)

R2012a で導入