Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

関数のモジュラー HDL コードの生成

この例では、関数を含む MATLAB® コードからモジュラー HDL コードを生成する方法を説明します。

既定では、HDL Coder™ は、最上位の設計関数の本体内で呼び出されるすべての MATLAB 関数をインライン化します。このインライン化の結果として、関数に対する HDL コードを含む単一のファイルが生成されます。モジュラー HDL コードを生成するには、[関数に対してインスタンス化可能なコードを生成] 設定を使用します。この設定を有効にすると、HDL Coder はそれぞれの関数について単一の VHDL® エンティティまたは Verilog モジュールを生成します。

LMS フィルター MATLAB 設計

この例で使用する MATLAB 設計は、LMS (最小平均二乗) フィルターの実装です。LMS フィルターは、ノイズに組み込まれている FIR フィルター信号を特定する適応フィルターのクラスです。MATLAB での LMS フィルター設計実装は、出力信号と目的の信号との差異を低減するよう最適なフィルター係数を計算する最上位の関数 mlhdlc_lms_fcn で構成されます。

design_name = 'mlhdlc_lms_fcn';
testbench_name = 'mlhdlc_lms_fir_id_tb';

MATLAB 設計を確認します。

open(design_name);
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
% MATLAB Design: Adaptive Noise Canceler algorithm using Least Mean Square 
% (LMS) filter implemented in MATLAB
%
% Key Design pattern covered in this example: 
% (1) Use of function calls
% (2) Function inlining vs instantiation knobs available in the coder
% (3) Use of system objects in the testbench to stream test vectors into the design
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

%#codegen
function [filtered_signal, y, fc] = mlhdlc_lms_fcn(input, ...
                                        desired, step_size, reset_weights)
% 'input'  : The signal from Exterior Mic which records the ambient noise.
% 'desired': The signal from Pilot's Mic which includes 
%            original music signal and the noise signal
% 'err_sig': The difference between the 'desired' and the filtered 'input'
%           It represents the estimated music signal (output of this block)
% 
% The LMS filter is trying to retrieve the original music signal('err_sig') 
% from Pilot's Mic by filtering the Exterior Mic's signal and using it to 
% cancel the noise in Pilot's Mic. The coefficients/weights of the filter 
% are updated(adapted) in real-time based on 'input' and 'err_sig'.

% register filter coefficients
persistent filter_coeff;
if isempty(filter_coeff)
    filter_coeff = zeros(1, 40);
end

% Variable Filter: Call 'tapped_delay_fcn' function on path to create 
% 40-step tapped delay
delayed_signal = mtapped_delay_fcn(input);

% Apply filter coefficients 
weight_applied = delayed_signal .* filter_coeff;

% Call treesum function on matlab path to sum up the results
filtered_signal = mtreesum_fcn(weight_applied);

% Output estimated Original Signal
td = desired;
tf = filtered_signal;
esig = td - tf;
y = esig;

% Update Weights: Call 'update_weight_fcn' function on MATLAB path to 
% calculate the new weights
updated_weight = update_weight_fcn(step_size, esig, delayed_signal, ...
                                   filter_coeff, reset_weights);

% update filter coefficients register
filter_coeff = updated_weight;
fc = filter_coeff;

function y = mtreesum_fcn(u)
%Implement the 'sum' function without a for-loop
%  y = sum(u);

%  The loop based implementation of 'sum' function is not ideal for 
%  HDL generation and results in a longer critical path. 
%  A tree is more efficient as it results in
%  delay of log2(N) instead of a delay of N delay

%  This implementation shows how to explicitly implement the vector sum in 
%  a tree shape to enable hardware optimizations.

%  The ideal way to code this generically for any length of 'u' is to use 
%  recursion but it is not currently supported by MATLAB Coder


% NOTE: To instruct MATLAB Coder to compile an external function, 
% add the following compilation directive or pragma to the function code
%#codegen

% This implementation is hardwired for a 40tap filter.

level1 = vsum(u);
level2 = vsum(level1);
level3 = vsum(level2);
level4 = vsum(level3);
level5 = vsum(level4);
level6 = vsum(level5);
y = level6;

function output = vsum(input)

coder.inline('always');

vt = input(1:2:end);
    
for i = int32(1:numel(input)/2)
    k = int32(i*2);
    vt(i) = vt(i) + input(k);
end

output = vt;

function tap_delay = mtapped_delay_fcn(input)
% The Tapped Delay function delays its input by the specified number 
% of sample periods, and outputs all the delayed versions in a vector
% form. The output includes current input

% NOTE: To instruct MATLAB Coder to compile an external function, 
% add the following compilation directive or pragma to the function code
%#codegen

persistent u_d;
if isempty(u_d)
    u_d = zeros(1,40);
end


u_d = [u_d(2:40), input];

tap_delay = u_d;

function weights = update_weight_fcn(step_size, err_sig, ... 
            delayed_signal, filter_coeff, reset_weights)
% This function updates the adaptive filter weights based on LMS algorithm

%   Copyright 2007-2015 The MathWorks, Inc.

% NOTE: To instruct MATLAB Coder to compile an external function, 
% add the following compilation directive or pragma to the function code
%#codegen

step_sig = step_size .* err_sig;
correction_factor = delayed_signal .* step_sig;
updated_weight = correction_factor + filter_coeff;

if reset_weights
    weights = zeros(1,40);
else    
    weights = updated_weight;
end

MATLAB 関数はモジュール化されていて、次の関数を使用します。

  • mtapped_delay_fcn でベクトル形式の入力信号の遅延バージョンを計算。

  • mtreesum_fcn でツリー構造で適用された重みの合計を計算。個別の合計は関数 vsum を使用して計算されます。

  • update_weight_fcn で最小平均二乗アルゴリズムに基づいて更新されたフィルターの重みを計算。

LMS フィルター MATLAB テスト ベンチ

MATLAB テスト ベンチを確認します。

open(testbench_name);
clear ('mlhdlc_lms_fcn');
% returns an adaptive FIR filter System object, HLMS, that computes the 
% filtered output, filter error, and the filter weights for a given input 
% and desired signal using the Least MeanSquares (LMS) algorithm.

% Copyright 2011-2019 The MathWorks, Inc.

stepSize = 0.01;
reset_weights =false;

hfilt = dsp.FIRFilter;                     % System to be identified
hfilt.Numerator = fir1(10, .25);

rng('default');                            % always default to known state  
x = randn(1000,1);                         % input signal
d = step(hfilt, x) + 0.01*randn(1000,1);   % desired signal

hSrc = dsp.SignalSource(x);
hDesiredSrc = dsp.SignalSource(d);

hOut = dsp.SignalSink;
hErr = dsp.SignalSink;

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
%Call to the design
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
while (~isDone(hSrc))
    [y, e, w] = mlhdlc_lms_fcn(step(hSrc), step(hDesiredSrc), ... 
                stepSize, reset_weights);
    step(hOut, y);
    step(hErr, e);
end

figure('Name', [mfilename, '_plot']);
subplot(2,1,1), plot(1:1000, [d,hOut.Buffer,hErr.Buffer]);
title('System Identification of an FIR filter');
legend('Desired', 'Output', 'Error');
xlabel('time index'); ylabel('signal value');
subplot(2,1,2); stem([hfilt.Numerator.', w(end-10:end).']);
legend('Actual','Estimated');
xlabel('coefficient #'); ylabel('coefficient value');

MATLAB アルゴリズムのテスト

実行時エラーを避けるために、テスト ベンチを使用して設計をシミュレートします。

mlhdlc_lms_fir_id_tb

フォルダーの作成と関連ファイルのコピー

MATLAB 設計の HDL コードを生成する前に、設計ファイルとテスト ベンチ ファイルを書き込み可能なフォルダーにコピーします。次のコマンドはファイルを一時フォルダーにコピーします。

mlhdlc_demo_dir = fullfile(matlabroot, 'toolbox', 'hdlcoder', 'hdlcoderdemos', 'matlabhdlcoderdemos');
mlhdlc_temp_dir = [tempdir 'mlhdlc_fcn_partition'];

一時フォルダーを作成して MATLAB ファイルをコピーします。

cd(tempdir);
[~, ~, ~] = rmdir(mlhdlc_temp_dir, 's');
mkdir(mlhdlc_temp_dir);
cd(mlhdlc_temp_dir);
copyfile(fullfile(mlhdlc_demo_dir, [design_name,'.m*']), mlhdlc_temp_dir);
copyfile(fullfile(mlhdlc_demo_dir, [testbench_name,'.m*']), mlhdlc_temp_dir);

HDL Coder プロジェクトの作成

MATLAB 設計から HDL コードを生成するには、次のようにします。

1. HDL Coder プロジェクトを作成します。

coder -hdlcoder -new mlhdlc_fcn_partition

2.mlhdlc_lms_fcn.m ファイルを [MATLAB 関数] としてプロジェクトに追加し、mlhdlc_lms_fir_id_tb.m[MATLAB テスト ベンチ] として追加します。

3.[型の自動定義] をクリックして MATLAB 関数 mlhdlc_lms_fcn の入力と出力の推奨される型を使用します。

MATLAB HDL Coder プロジェクトの作成と入力に関する詳細なチュートリアルについては、MATLAB から HDL へのワークフロー入門を参照してください。

固定小数点変換と HDL コード生成の実行

  1. [ワークフロー アドバイザー] ボタンをクリックして、ワークフロー アドバイザーを開始します。

  2. [HDL コード生成] タスクを右クリックして [選択したタスクまで実行] を選択します。

単一の HDL ファイル mlhdlc_lms_fcn_FixPt.vhd が MATLAB 設計に対して生成されます。MATLAB 設計内のすべての関数に対する VHDL コードはこのファイルでインライン化されます。

インスタンス化可能な HDL コードの生成

  1. [詳細設定] タブで [関数に対してインスタンス化可能なコードを生成] チェック ボックスをオンにします。

  2. [実行] ボタンをクリックして [HDL コード生成] タスクを再実行します。

最上位関数と、最上位関数内で呼び出される関数に対して生成されたコードを含む複数の HDL ファイルがあることがわかります。関数のインスタンス化可能なコードの生成も参照してください。

各関数に対するインライン化の制御

場合によっては、補助関数とユーティリティに対する HDL コードをインライン化してインスタンス化することが考えられます。そのような関数のインライン化をローカルに制御するには、MATLAB コードで coder.inline プラグマを使用します。

生成されたコードで関数をインライン化するには、次のディレクティブをその関数内に配置します。

coder.inline('always')

生成されたコードで関数のインライン化を抑止するには、次のディレクティブをその関数内に配置します。

coder.inline('never')

生成されたコードで関数をインライン化するかどうかをコード ジェネレーターで判別するには、次のディレクティブをその関数内に配置します。

coder.inline('default')

coder.inline プラグマの使用方法について確認するには、次のように入力します。

help coder.inline

関数からの HDL コードのインスタンス化に関する制限

  • 条件式内の関数呼び出しと for ループは、インライン化され、インスタンス化はされない。

  • ステートをもつ関数はインライン化される。

生成ファイルのクリーンアップ

一時的なプロジェクト フォルダーをクリーンアップするには、次のコマンドを実行します。

mlhdlc_demo_dir = fullfile(matlabroot, 'toolbox', 'hdlcoder', 'hdlcoderdemos', 'matlabhdlcoderdemos');
mlhdlc_temp_dir = [tempdir 'mlhdlc_fcn_partition'];
clear mex;
cd (mlhdlc_demo_dir);
rmdir(mlhdlc_temp_dir, 's');