最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの設定

固定小数点ツールを使用してモデルのデータ型推奨を生成するには、まず Simulink® でモデルを設定します。

  1. テストと検証用のベースラインとしてモデルをバックアップします。

  2. Simulink でモデルを開きます。

  3. モデルで [シミュレーション][モード][ノーマル] を選択し、モデルがノーマル モードで実行されるようにします。固定小数点ツールはノーマル モードの範囲の収集のみを行うことができます。

  4. 設計の最小範囲と最大範囲の情報を使用する場合は、この情報をブロックに追加します。派生データを使用したオートスケールでは、少なくともモデルの入力で設計の最小値と最大値を指定しなければなりません。モデルの指定されたすべての設計範囲を使用して、範囲解析により派生した範囲の絞り込みを試みます。指定した設計範囲情報が多いほど、範囲解析の成功率が高くなります。解析を実行すると、モデルに対して新たな範囲情報を派生します。次に、この新しい情報とともに指定された範囲を使用して、モデル内の残りのオブジェクトに対する範囲の派生を試みます。このため、解析結果がブロックの優先順位によって変化することもありますが、これはブロックが解析される順序がブロックの優先順位によって決まるためです。

    [出力の最小値][出力の最大値] などのパラメーターを使用してモデル オブジェクトの設計範囲を指定します。これらの値を指定できるブロックのリストについては、信号範囲の指定が可能なブロック (Simulink)を参照してください。

  5. 信号のログを有効にします。

    シミュレーション データ インスペクターを使用してシミュレーション結果を表示するには、固定小数点に変換するシステムの信号ログを有効にしなければなりません。信号ログが有効になっている信号の結果のみをシミュレーション データ インスペクターを使用してプロットすることを選択できます。

    1. Simulink エディターで、1 つ以上の信号を選択します。

    2. [シミュレーション データ インスペクター] ボタンの矢印をクリックし、[選択した信号のログ] を選択します。

  6. ブロックの [固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする] パラメーターをオンにすると、自動データ型指定されないように一部のブロックをロックできます。このパラメーターをオンにすると、ツールはブロックのデータ型の推奨を行いません。

  7. ブロック線図を更新して、モデル内のすべてのブロックに対してパラメーター範囲のチェックを実行します。

    ブロック線図の更新に失敗する場合は、エラー メッセージを使用してモデル内のエラーを修正します。エラーを修正してから、ブロック線図を再度更新します。エラーを修正できない場合、バックアップのモデルを復元します。

  8. モデルが変更されたら、モデルを再度バックアップします。

変換プロセスの次の手順については、変換するシステムの準備を参照してください。

関連するトピック