最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

実行管理

既定では、固定小数点ツールは範囲収集用の実行と検証用の実行を作成します。これらの実行の名前はそれぞれ Ranges (Double)Embedded です。

固定小数点ツールは、[範囲の収集] ボタンをクリックしたときに範囲収集実行を作成します。検証実行は [組み込み型によるシミュレーション] ボタンをクリックしたときに作成されます。固定小数点ツールは実行の設定を自動的に構成し、新しい実行名の指定と設定の構成が手動で行われない限り、前の実行を上書きします。既定では、範囲収集の実行はモデルを倍精度型でオーバーライドして量子化の影響を回避し、シミュレーションまたは範囲解析のいずれかを通じて理想的な範囲を収集します。検証実行は、現在指定されているデータ型を使用してモデルをシミュレートします。

固定小数点ツールは範囲収集や検証の実行用の追加構成も提供します。[範囲の収集] の矢印ボタンをクリックして構成を選択することで、ツールがどの設定を使用するかを編集できます。[実行名] フィールドに新しい名前を入力することで、実行の既定の名前を編集することができます。一意の名前を指定しない限り、ツールは前の実行を上書きします。

固定小数点ツールの使用により以下も可能です。

  • 複数の実行を保存します。

  • カスタムの実行名を指定します。

  • 任意の実行結果に基づくデータ型を推奨します。

  • 任意の実行に基づき推奨されたデータ型を適用します。

  • 任意の 2 回の実行結果を比較します。

  • 実行名を固定小数点ツールのスプレッドシートで直接変更します。

出荷時の既定の構成設定を使用して、異なる実行の設定を簡単に切り替えられます。あるいは、実行を手作業で管理することができます。詳細については、手作業による実行管理を参照してください。

一意の実行名をもつ各実行は、ツールの左下隅の [ワークフロー ブラウザー] に表示されます。スプレッドシートで実行をフィルター処理する方法の詳細については、固定小数点ツールでのビューの制御を参照してください。

手作業による実行管理

実行を手作業で管理することができます。既定の実行設定を編集するには、[範囲の収集] または [組み込み型によるシミュレーション] の矢印ボタンをクリックします。構成のリストから選択するか、[ショートカットの編集] をクリックして [詳細設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  • フィールドに一意の [実行名] を入力します。

    一意の実行名を指定しない場合、固定小数点ツールは同じ名前の実行を上書きします。既存の実行を失わないようにするには、新しい実行名を指定します。

  • [詳細設定] ダイアログ ボックスの [モデル設定の構成] で、次の設定を編集します。

    • 固定小数点の計測機能モード

      範囲を記録するには、この設定は [最小値、最大値およびオーバー フロー] に設定しなければなりません。

    • データ型オーバーライド

    • データ型オーバーライドの適用対象

実行管理のショートカットの使用

ショートカットを使用して、シミュレーションの前に実行名とモデル全体のデータ型オーバーライドおよび計測機能の設定値を構成できます。固定小数点ツールには次の機能があります。

  • よく使用する出荷時の既定の構成。たとえば、[double へのオーバーライドを使用する範囲の収集] では、このモデルですべてのデータ型が倍精度数でオーバーライドされるように設定し、シミュレーションの最小値と最大値およびオーバーフローのログを記録します。

    メモ

    参照モデルの境界を越えて、ユーザー定義のショートカットを設定できます。出荷時の既定のショートカットは最上位モデルのみに適用されるため、参照モデルの設定には一切影響しません。

  • カスタム ショートカットの追加編集機能。ショートカットはモデルに保存されるため、一度定義すれば何回でも再利用できます。[詳細設定] ダイアログ ボックスのショートカット エディターを使用して、ショートカットを作成または編集します。

    メモ

    参照モデルの境界を越えて、ユーザー定義のショートカットを使用できます。

実行管理にショートカットを使用する理由

ショートカットによって、シミュレーションや範囲導出の前に、既定の構成には含まれないデータ型オーバーライドや固定小数点の計測機能の設定値をすばやく簡単に設定する方法が提供されます。実行名を各ショートカットに関連付けることができます。ショートカットを適用すると、階層内の複数のシステムでデータ型オーバーライドと固定小数点計測機能の設定値が同時に変更されます。

ショートカットは次のことに役立ちます。

  • モデルの階層構造内の複数のサブシステムで、データ型オーバーライドおよび計測機能の設定値を同時に構成できます。この機能は複雑な階層構造をもつモデルで便利です。

  • よく使用する設定を保存して再利用する便利な方法です。この機能は、デバッグ中に異なる設定を切り替える場合に便利です。

  • 元の固定小数点の計測機能およびデータ型オーバーライド設定をモデルに保存する手段を提供します。これらの設定をショートカットに保存しておくと、障害発生時のバックアップやテストおよび検証のベースラインが提供されます。

実行管理でのショートカット使用方法

用途使用するショートカット キー

モデル全体のオートスケール

出荷時の既定のモデル コンフィギュレーション。既定のショートカットによって、浮動小数点データ型でのモデルのオーバーライドと範囲の収集を効率よく実行できます。

モデルのデバッグ

異なるデータ型オーバーライドと固定小数点の計測機能モードを切り替える構成。

モデル内の複数のシステムの設定管理。1 つのサブシステムで、モデルを一度に固定小数点に変換する場合など。

[詳細設定] の [ショートカット] タブでは、個別の設定値を毎回手動で変更せずに、異なる設定をまとめて切り替える、独自のショートカットを定義できます。

設定を変更する前に、モデルの初期設定を取得します。

[詳細設定] の [ショートカット] タブで、モデル設定を取得し、名前をつけた実行に保存します。詳細は、ショートカット エディターを使用したモデル設定の取得を参照してください。

ショートカットの追加

  1. 固定小数点ツールで、[範囲の収集] または [組み込み型によるシミュレーション] の矢印ボタンをクリックし、[ショートカットの編集] を選択して [詳細設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. ショートカットを指定するサブシステムごとに、[ショートカット] タブの [モデルの階層構造] ペインでサブシステムを選択します。

    1. [ショートカットの名前] フィールドにショートカット名を入力します。

      既定では [実行名の変更を許可] がオンの場合、[実行名] がショートカット名に設定されます。この名前は手動でオーバーライドできます。

    2. ショートカットのプロパティを編集します。

ショートカットの編集

  1. 固定小数点ツールで、[範囲の収集] または [組み込み型によるシミュレーション] の矢印ボタンをクリックし、[ショートカットの編集] を選択して [詳細設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ショートカット] タブの [ショートカットの名前] リストから編集するショートカットを選択します。

    そのショートカットに定義されている実行名、固定小数点計測の設定、およびデータ型オーバーライドの設定が表示されます。

    メモ

    出荷時の既定の構成を変更することはできません。

  3. このショートカットでモデルの既存の固定小数点計測の設定を変更しない場合は、[固定小数点の計測の設定の変更を許可] をオフにします。

  4. このショートカットでモデルの既存のデータ型オーバーライドの設定を変更しない場合は、[データ型オーバーライド設定の変更を許可] をオフにします。

  5. このショートカットでモデルの実行名を変更しない場合は、[実行名の変更を許可] をオフにします。

  6. サブシステムのショートカットを変更する場合、次の手順を実行します。

    1. サブシステムを選択します。

    2. 該当する場合、このショートカットを適用するときに使用する [固定小数点の計測機能モード] を設定します。

    3. 該当する場合、このショートカットを適用するときに使用する [データ型オーバーライド] モードを設定します。

    4. 該当する場合、このショートカットを適用するときに使用する [実行名] を設定します。

    5. [適用] をクリックします。

  7. 手順 6 を繰り返して、必要なサブシステム ショートカットを変更します。

  8. オプションで、固定小数点ツールにこの新しいショートカットのボタンを表示する場合は、[ショートカットの管理] で右矢印を使用して、表示するショートカットのリストにこのショートカットを移動します。上下矢印を使用して、ショートカット ボタンの順序を変更します。

  9. モデルを保存すると、モデルとともにショートカットが保存されます。

ショートカットの削除

ショートカットをモデルから削除するには、次の手順を実行します。

  1. 固定小数点ツールで、[範囲の収集] または [組み込み型によるシミュレーション] の矢印ボタンをクリックし、[ショートカットの編集] を選択して [詳細設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ショートカット] タブの [ショートカットの管理] にある [ショートカット] テーブルで、削除するショートカットを選択します。

  3. [選択したショートカットの削除] ボタン をクリックします。

メモ

削除できるのは自分で作成したショートカットのみです。既定のショートカットはいずれも削除できません。

ショートカット エディターを使用したモデル設定の取得

  1. 固定小数点ツールで、[範囲の収集] または [組み込み型によるシミュレーション] の矢印ボタンをクリックし、[ショートカットの編集] を選択して [詳細設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ショートカット] タブで新しいショートカット (たとえば、Initial subsystem settings) を作成します。

    既定では [実行名の変更を許可] がオンの場合、[実行名] がショートカット名に設定されます。この名前は手動でオーバーライドできます。

  3. [固定小数点計測の設定変更を許可][データ型オーバーライドの設定変更を許可] が選択されていることを確認します。

  4. [システム設定のキャプチャ] をクリックします。

    [固定小数点の計測機能モード][データ型オーバーライド]および該当する場合は [データ型オーバーライドを次に適用] が、ソフトウェアによってモデル階層構造内のシステムに設定されます。

  5. [適用] をクリックします。

  6. モデルを保存すると、モデルとともにショートカットが保存されます。