最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点コードの生成のサポート

はじめに

特定のシミュレーション機能を除き、すべての固定小数点ブロックはコード生成をサポートしています。以下の節では、Fixed-Point Designer™ ソフトウェアで提供されるコード生成のサポートについて説明します。C コードを生成する Simulink® Coder™ のライセンス、または HDL コードを生成する HDL Coder™ のライセンスが必要です。

言語

Simulink Coder を使用した C コード生成がサポートされています。HDL Coder を使用した HDL コード生成がサポートされています。

データ型

固定小数点コードの生成は、シミュレーションでサポートされるすべての整数および固定小数点のデータ型をサポートしています。最大 128 ビットのワード サイズがシミュレーションでサポートされています。サポートされているデータ型を参照してください。

丸めモード

すべての丸めモード — CeilingConvergentFloorNearestRoundSimplest および Zero — がサポートされています。

オーバーフローの処理

  • 飽和とラップがサポートされています。

  • ラップは最も効果的なコードを生成します。

  • 現在、ハードウェアの飽和を利用できるときに飽和コードを自動的に除外することはできません。Simulink Coder 製品で飽和コードを除外できるようにするにはラップを選択します。

ブロック

すべてのブロックはすべての演算に対応するコードを生成しますが、いくつかの例外があります。Lookup Table Dynamic ブロックでは、Interpolation-Extrapolation 以外のすべてのルックアップ方法に対するコードが生成されます。

Simulink ブロックのデータ型のサポート テーブルは、Simulink ブロック ライブラリに含まれるブロックの特性をまとめたもので、固定小数点データ型をサポートするかどうかや、C コードの生成に適用される制限事項についても記載されています。このテーブルを表示するには、MATLAB® コマンド ラインで次のコマンドを入力します。

showblockdatatypetable
ブロックがサポートする HDL コード生成の詳細については、HDL コード生成でサポートされているブロックの表示 (HDL Coder)を参照してください。HDL ワークフロー アドバイザーを使用して HDL コード生成をサポートしないブロックのモデルを確認することもできます。

スケーリング

シミュレーションでサポートされている 2 進小数点専用のスケーリングと [勾配 バイアス] スケーリングは、コード生成でビットトゥルーがサポートされています。

関連するトピック