Main Content

realmin

正で最小の正規化された固定小数点値または量子化数

構文

x=realmin(a)
x=realmin(q)

説明

x=realmin(a)fi オブジェクト a のデータ型で表現できる最小の正の実際値です。x より小さい値はアンダーフローするか、または IEEE® の "denormal (異常)" 値になります。

x=realmin(q) は正で最小の正規化された量子化数です。ここで qquantizer オブジェクトです。x より小さい値はアンダーフローするか、または IEEE の "denormal (異常)" 値になります。

q = quantizer('float',[6 3]);
x = realmin(q)
x =

                      0.25

アルゴリズム

q が浮動小数点 quantizer オブジェクトの場合、x=2Emin で、Emin=exponentmin(q) は最小の指数です。

q が符号付きまたは符号なし固定小数点 quantizer オブジェクトの場合、x=2f=ε で、f は小数部の長さです。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

HDL コード生成
HDL Coder™ を使用して FPGA 設計および ASIC 設計のための Verilog および VHDL のコードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入