Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

isRightBounded

fixed.Interval オブジェクトが右端で制限されているかどうかの判別

説明

bool = isRightBounded(A)fixed.Interval オブジェクト A が右端で制限されているかどうかを示す boolean を返します。

すべて折りたたむ

fixed.Interval オブジェクトを作成します。関数 isRightBounded を使用して、区間が右端で制限されているかどうかを判別します。

interval = fixed.Interval({-pi,pi},{-1,inf});
bool = isRightBounded(interval)
bool = 1x2 logical array

   1   0

区間の右端が制限されている場合、出力は logical 1、それ以外の場合は 0 です。

入力引数

すべて折りたたむ

入力 fixed.Interval オブジェクト。fixed.Interval オブジェクト、または fixed.Interval オブジェクトの配列として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

fixed.Interval オブジェクト A が右端で制限されているかどうかを示します。logical 値として返されます。Ainf が含まれている場合は 0 (false)、それ以外の場合は 1 (true) を返します。

AInterval の配列である場合、出力は A と同じサイズの logical 値の配列です。

R2019b で導入