Main Content

bitcmp

fi オブジェクトのビット単位の補数

構文

c = bitcmp(a)

説明

c = bitcmp(a) は、fi オブジェクト a のビット単位の補数を返します。a が符号付き numerictype である場合、格納された整数のビット表現は 2 の補数表現です。

bitcmp は、固定小数点データ型の fi オブジェクトのみをサポートします。a は、スカラー fi オブジェクトまたはベクトル fi オブジェクトです。

以下の例では、fi オブジェクトのビット単位の補数の取得方法を説明します。符号なし固定小数点 fi オブジェクトの値は 10、語長は 4、小数部の長さは 0 であるとします。

a = fi(10,0,4,0);
disp(bin(a))
1010

a のビットの値の補数は、次のようになります。

c = bitcmp(a);
disp(bin(c))
0101

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

HDL コード生成
HDL Coder™ を使用して FPGA 設計および ASIC 設計のための Verilog および VHDL のコードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入