Main Content

bitand

2 つの fi オブジェクトのビット単位 AND

説明

c = bitand(a,b) は、fi オブジェクト a および b のビット単位の ANDfi オブジェクト c に返します。

a および b に関連付けられた numerictype プロパティは同じでなければなりません。両方の入力にローカル fimath オブジェクトが含まれる場合、fimath オブジェクトは同じでなければなりません。numerictype が符号付きである場合、格納された整数のビット表現は 2 の補数表現です。

a および b は、いずれかがスカラーでない場合は、同じ次元にする必要があります。

bitand は、固定小数点データ型の fi オブジェクトのみをサポートします。

すべて折りたたむ

論理 AND 演算の真理値表を作成します。

A = fi([0 1; 0 1]);
B = fi([0 0; 1 1]);
TTable = bitand(A, B)
TTable = 

     0     0
     0     1

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 14

両方のビット単位入力が 1 の場合にのみ、bitand1 を返します。

入力引数

すべて折りたたむ

入力値。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。a および b は、いずれかがスカラーでない場合は、同じ次元にする必要があります。入力 a および b は、同じ numerictype プロパティをもつ固定小数点データ型の fi オブジェクトでなければなりません。両方の入力にローカル fimath オブジェクトが含まれる場合、fimath オブジェクトは同じでなければなりません。

データ型: fi

拡張機能

HDL コード生成
HDL Coder™ を使用して FPGA 設計および ASIC 設計のための Verilog および VHDL のコードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入