ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アルゴリズム設計の基礎

コンパイルされたコードを生成するためのアルゴリズム設計の考慮事項

トピック

コードの高速化と MATLAB からのコード生成

MATLAB® コード高速化に関する一般的な情報

固定小数点コードの高速化と生成のワークフロー

MATLAB コードの準備と MEX 関数への変換に必要な手順の説明

MATLAB アルゴリズムからのコード生成に適する場面

アプリケーション用のコードを生成するかどうかを決定します。

コンパイル済みの C コード ファイルを生成するための要件

MATLAB アルゴリズムから MEX コードを生成するには、関数 fiaccel を使用します。

MATLAB から C/C++ コードを生成するための必要条件

MATLAB コードからコードを生成するには、MATLAB Coder™ 製品と C/C++ コンパイラが必要です。

コード生成用の MATLAB コード設計における注意事項

コード生成用の MATLAB の記述時に、設計における制約を考慮します。

生成されたコードと MATLAB コードの相違点

生成された C/C++ コードは、元の MATLAB ソース コードと動作が異なる場合があります。

潜在的な相違点のレポート

コード ジェネレーターは、生成されたコードと元の MATLAB コード間の潜在的な動作の相違を特定します。

潜在的な相違メッセージ

潜在的な相違メッセージをレビューします。

C/C++ コード生成でサポートされている MATLAB 言語機能

コード生成でサポートされている MATLAB 言語機能と関数を使用します。