Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Embedded Coder® を使用したコード生成

この例では、Simulink® モデルのシステム ターゲット ファイルを選択し、モデル パラメーターを構成して、組み込みシステム用の C コードを生成し、生成されたファイルを表示する方法を説明します。

このモデルは、定数ブロックである INCLIMITRESET によってパラメーター化された Triggered Subsystem に送信される 8 ビット カウンターを表しています。Input および Output はこのモデルの I/O を表しています。Amplifier サブシステムはゲイン ファクター K によって入力信号を増幅し、信号 equal_to_counttrue のときに更新されます。

1. モデルを開きます。

model='rtwdemo_rtwecintro';
open_system(model)

2. [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

cs = getActiveConfigSet(model);
openDialog(cs);

3. [コード生成] タブを選択します。

4. システム ターゲット ファイルを選択するには、[ターゲットの選択] ペインで [参照] をクリックします。特定のターゲット環境または目的に合わせてコードを生成できます。いくつかの組み込みのターゲット設定オプションがシステム ターゲット ファイルによって提供されており、ターゲット環境のコード生成プロセスを制御します。

5. 組み込みリアルタイム (ERT) システム ターゲット ファイルを選択し、[適用] をクリックします。

ERT システム ターゲット ファイルでは、アプリケーションの目的に基づいてコード生成設定を指定および優先順位付けするために使用できるユーティリティがサポートされます。

6. [コード生成アドバイザー] ペインの [目的の設定] をクリックします。

生成されるコードの目的を設定して優先順位を付けることができます。たとえば、アプリケーションにとってコードのトレーサビリティが非常に重要な条件となる場合でも、コードの実行効率性を犠牲にしてまで優先しないことが考えられます。

7. [目的の設定] ペインで [実行効率性] および [トレーサビリティ] を選択します。[OK] をクリックします。

コードを生成する前に、目的の組み合わせを選択して優先順位を付けることができます。

8.モデル ウィンドウで、次のいずれかのオプションを使用して、モデルのコード生成およびビルド プロセスを開始します。

  • [モデルのビルド] ボタンをクリックする。

  • Ctrl+B キーを押す。

  • MATLAB コマンド ラインから slbuild コマンドを実行する。

  • MATLAB コマンド ラインから slbuild コマンドを実行する。

9. コード生成レポートを表示します。

このレポートには、rtwdemo_rtwecintro.c、関連するユーティリティとヘッダー ファイル、トレーサビリティと検証レポートが含まれます。

この図は、rtwdemo_rtwecintro.c の一部を示しています。

10. モデルを閉じます。

bdclose(model)
rtwdemoclean;

関連するトピック