Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

switchTarget

モデル コンフィギュレーション セットのターゲットの選択

説明

switchTarget(myConfigObj,systemTargetFile,[]) は、アクティブなコンフィギュレーション セットの選択されたシステム ターゲット ファイルを変更します。

switchTarget(myConfigObj,systemTargetFile,targetOptions) は、targetOptions によって指定されたコンフィギュレーション パラメーターを設定します。

すべて折りたたむ

この例では、model のアクティブなコンフィギュレーション セットを取得して、コンフィギュレーション セットのシステム ターゲット ファイルを変更する方法について示します。

% Get configuration set for model
myConfigObj = getActiveConfigSet(model);
% Switch system target file
switchTarget(myConfigObj,'ert.tlc',[]);

この例では、現在のモデル (gcs) のアクティブなコンフィギュレーション セットを取得して、さまざまな targetOptions を設定し、システム ターゲット ファイルの選択を変更する方法について示します。

% Get configuration set for current model
myConfigObj=getActiveConfigSet(gcs);

% Specify target options
targetOptions.TLCOptions = '-aVarName=1'; 
targetOptions.MakeCommand = 'make_rtw'; 
targetOptions.Description = 'my target'; 
targetOptions.TemplateMakefile = 'grt_default_tmf';

% Define a system target file
targetSystemFile='grt.tlc';

% Switch system target file
switchTarget(myConfigObj,targetSystemFile,targetOptions);

targetOptions を使用して値を確認します (オプション)。

% Verify values (optional)
targetOptions
          TLCOptions: '-aVarName=1'
         MakeCommand: 'make_rtw'
         Description: 'my target'
    TemplateMakefile: 'grt_default_tmf'

この例では、model のアクティブなコンフィギュレーション セットを取得して、システム ターゲット ファイルを ERT Create Visual C/C++ Solution File for Embedded Coder に変更する方法について示します。

model='rtwdemo_rtwintro';
open_system(model);

% Get configuration set for model
myConfigObj = getActiveConfigSet(model);

% Specify target options for MSVC build
targetOptions.MakeCommand = 'make_rtw'; 
targetOptions.Description = ...
     'Create Visual C/C++ Solution File for Embedded Coder'; 
targetOptions.TemplateMakefile = 'RTW.MSVCBuild';

% Switch system target file
switchTarget(myConfigObj,'ert.tlc',targetOptions);

set_param(model,'SystemTargetFile','ert.tlc') を使用せずに、オプションを使用して既定の ERT ターゲット ファイルを選択します。

% use switchTarget to select toolchain build of defaul ERT target
model='rtwdemo_rtwintro';
open_system(model);

% Get configuration set for model
myConfigObj = getActiveConfigSet(model);

% Specify target options for toolchain build approach
targetOptions.MakeCommand = ''; 
targetOptions.Description = 'Embedded Coder'; 
targetOptions.TemplateMakefile = '';

% Switch system target file
switchTarget(myConfigObj,'ert.tlc',targetOptions);

入力引数

すべて折りたたむ

ConfigSet のコンフィギュレーション セット オブジェクトまたは Simulink.ConfigSetRef のコンフィギュレーション参照オブジェクト。getActiveConfigSet を呼び出してコンフィギュレーション セット オブジェクトを取得します。

例: myConfigObj = getActiveConfigSet(model);

[システム ターゲット ファイル ブラウザー] に表示される名前としてシステム ターゲット ファイルの名前を指定します (Embedded Coder® の場合は ert.tlcSimulink® Coder™ の場合は grt.tlc など)。

例: systemTargetFile = 'ert.tlc';

コード生成ターゲットのオプションを定義するフィールドをもつ構造体です。構造体フィールドに値を入力することで、特定のコンフィギュレーション パラメーターを変更できます。どのオプションも使用しない場合は空の構造体 ([]) を指定します。

名前と値のペアの引数

例: targetOptions = [];

targetOptions の構造体フィールドの値を指定します。オプションを指定しない場合、空の構造体 ([]) を使用します。

例: targetOptions.TemplateMakefile = 'RTW.MSVCBuild';

例: targetOptions.TLCOptions = '-aVarName=1';

例: targetOptions.MakeCommand = 'make_rtw';

例: targetOptions.Description = 'Create Visual C/C++ Solution File for Embedded Coder';

R2009b で導入