Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

isLookupTableDataInterface

オブジェクトが coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトかどうか確認する

構文

lookupTableDataInterface = isLookupTableDataInterface(parameterObj)

説明

lookupTableDataInterface = isLookupTableDataInterface(parameterObj) は、オブジェクトが coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトかどうかを示す logical 値を返します。

入力引数

すべて展開する

モデルの Lookup Table を表す coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクト。

データ型: string

出力引数

すべて展開する

オブジェクトが coder.descriptor.LookupTableDataInterface かどうかを示す logical 値。

データ型: logical

すべて展開する

  1. モデルを作成します。

    slbuild('rtwdemo_asap2')
  2. モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成します。

    codeDescObj = coder.getCodeDescriptor('rtwdemo_asap2')
    
  3. モデルの Lookup Table パラメーターのプロパティを返します。

    params = getDataInterfaces(codeDescObj, 'Parameters')

    変数 params は、coder.descriptor.DataInterfacecoder.descriptor.LookupTableDataInterface、および coder.descriptor.BreakpointDataInterface オブジェクトの配列です。

  4. 配列内の 6 番目の位置にアクセスしてモデルの Lookup Table ブロックの詳細を取得します。

    parameterObj = params(6)

  5. 変数 parameterObj に保存されているオブジェクトが coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトかどうかを確認します。

    lookupTableDataInterface = isLookupTableDataInterface(parameterObj)
    
    lookupTableDataInterface =
    
      logical
    
      1
    コード ジェネレーターは、parameterObjcoder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトである場合、logical 値 1 を返します。それ以外の場合は、logical 値 0 を返します。

R2020a で導入