Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

info

オーディオ デバイス ライターの特性情報

説明

S = info(adw) は、オーディオ デバイス ライター オブジェクト adw の特性情報を含む構造体 S を返します。

すべて折りたたむ

MP3 オーディオ ファイルを読み取り、既定のオーディオ出力デバイスで再生します。

既定の設定で dsp.AudioFileReader オブジェクトを作成します。関数 audioinfo を使用して、オーディオ ファイルに関する情報を含む構造体を返します。

fileReader = dsp.AudioFileReader('speech_dft.mp3');
fileInfo = audioinfo('speech_dft.mp3')
fileInfo = struct with fields:
             Filename: '/mathworks/devel/bat/Bdoc22a/build/matlab/toolbox/dsp/dsp/speech_dft.mp3'
    CompressionMethod: 'MP3'
          NumChannels: 1
           SampleRate: 22050
         TotalSamples: 112320
             Duration: 5.0939
                Title: []
              Comment: []
               Artist: []
              BitRate: 64

audioDeviceWriter オブジェクトを作成し、サンプル レートを指定します。

deviceWriter = audioDeviceWriter('SampleRate',fileInfo.SampleRate);

setup を呼び出して、オーディオ ストリームのループにおける初期化の計算負荷を軽減します。

setup(deviceWriter,zeros(fileReader.SamplesPerFrame,...
    fileInfo.NumChannels))

関数 info を使用して、デバイス ライターに関する特性情報を取得します。

info(deviceWriter)
ans = struct with fields:
                   Driver: 'ALSA'
               DeviceName: 'ALSAdefault'
    MaximumOutputChannels: 32

オーディオ ストリームのループで、ファイルからオーディオ信号のフレームを読み取り、そのフレームをデバイスに書き込みます。

while ~isDone(fileReader)
    audioData = fileReader();
    deviceWriter(audioData);
end

入力ファイルを閉じ、デバイスを解放します。

release(fileReader)
release(deviceWriter)

入力引数

すべて折りたたむ

オーディオ デバイス ライター オブジェクト。audioDeviceWriter System object™ として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

オーディオ デバイス ライター オブジェクトの特性情報。構造体として返されます。構造体のフィールドは System object に応じて異なります。

バージョン履歴

R2016a で導入

参考

関数

オブジェクト