Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Unreal Engine シミュレーション環境の要件および制限

Automated Driving Toolbox™ は、Epic Games® の Unreal Engine® を使用して可視化されたシミュレーション環境へのインターフェイスを提供します。この可視化エンジンはツールボックスとともにインストールされます。この環境でシミュレートする際には、次の要件および制限に留意してください。

ソフトウェア要件

  • Windows® 64 ビット プラットフォーム

  • Visual Studio®

  • Microsoft® DirectX® — このソフトウェアがマシンにまだインストールされていない場合に環境でシミュレートしようとすると、ツールボックスからこのソフトウェアをインストールするように促されます。このソフトウェアをインストールした後にシミュレーションを再起動する必要があります。

シーンをカスタマイズする際には、Visual Studio および Unreal Engine プロジェクトが、ご使用の MATLAB® のリリースでサポートされている Unreal Engine のバージョンと互換性があることを確認してください。

MATLAB のリリースUnreal Engine のバージョンVisual Studio のバージョン
R2019b4.192017
R2020a–R2021a4.232019
R2021b4.252019
R2022a4.262019

メモ

Mac および Linux® プラットフォームはまだ Unreal Engine シミュレーションではサポートされていません。

最小ハードウェア要件

  • グラフィックス カード (GPU) — 8 GB のオンボード RAM を備えた仮想現実対応のもの

  • プロセッサ (CPU) — 2.60 GHz

  • メモリ (RAM) — 12 GB

制限

Unreal Engine シミュレーション環境ブロックでは、次のものはサポートされていません。

  • コード生成

  • モデル参照

  • Simulation 3D Scene Configuration ブロックの複数のインスタンス

  • 同じ MATLAB セッション内での複数の Unreal Engine インスタンス

  • 並列シミュレーション

  • ラピッド アクセラレータ モード

また、閉ループ シミュレーションでこれらのブロックを使用する際には、すべての Unreal Engine シミュレーション環境ブロックが同じサブシステム内になければなりません。

関連するトピック

外部の Web サイト