Main Content

ディープ ネットワーク デザイナー アプリ

対話形式による深層学習ネットワークの作成と学習

深層学習ネットワークの構築、可視化、および学習を対話的に行います。スタート ページを使用して、転移学習に適した事前学習済みのイメージ分類ネットワークを読み込みます。ネットワークを解析してアーキテクチャが正しく定義されていることを確認し、学習前に問題を検出します。学習データのインポートと可視化を行い、学習オプションを指定し、学習の進行状況を示すアニメーション化されたプロットを使用してネットワークの学習を追跡します。ネットワークの構築と学習を再作成するコードを生成し、学習済みネットワークを Simulink® にエクスポートします。

このフロー チャートは、ディープ ネットワーク デザイナー アプリにおける深層学習モデルの構築と学習の一般的なワークフローを示しています。ディープ ネットワーク デザイナーを使用してネットワークに学習させるか、未学習のネットワークをエクスポートしてコマンド ライン

で学習させます。

アプリ

ディープ ネットワーク デザイナー深層学習ネットワークの設計、可視化、および学習

関数

trainingOptions深層学習ニューラル ネットワークの学習のオプション
trainNetwork深層学習ニューラル ネットワークの学習

トピック