Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

静的モデル

静的モデル は、静的な入力/出力関係を表し、行列と数値配列の概念をパラメトリック、または不確かな配列に一般化します。静的モデルを使用すると、パラメトリック式または不確かな式の作成や、係数がパラメトリック式または不確かな式である一般化 LTI モデルの構築ができます。静的モデル ファミリには次のものがあります。

  • 調整可能なパラメーター (realp オブジェクト)

  • 一般化行列 (genmat オブジェクト)

  • 不確かさをもつパラメーターおよび行列 (ureal (Robust Control Toolbox)ucomplex (Robust Control Toolbox)ucomplexm (Robust Control Toolbox)) (Robust Control Toolbox™ ソフトウェアが必要)

  • 不確かさをもつ行列 (umat (Robust Control Toolbox)) オブジェクト (Robust Control Toolbox ソフトウェアが必要)

これらのオブジェクトを使用してパラメトリック モデルを作成する方法の詳細は、調整可能な係数をもつモデルを参照してください。不確かさをもつ静的モデルの作成の詳細については、Uncertain Real Parameters (Robust Control Toolbox)Uncertain Matrices (Robust Control Toolbox)を参照してください。