Main Content

gcare

(非推奨) 連続時間の代数リカッチ方程式に対する一般化されたソルバー

gcare は推奨されません。代わりに icare を使用してください。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

構文

[X,L,report] = gcare(H,J,ns)
[X1,X2,D,L] = gcare(H,...,'factor')

説明

[X,L,report] = gcare(H,J,ns) は、次の形式のハミルトニアン ペンシルに関連する連続時間代数リカッチ方程式の一意の安定化解 X を求めます。

HtJ=[AFS1GAS2S2S1R][E000E0000]

オプションの入力 ns は、行列 A の行のサイズです。Jns の既定値は、E = I と R = [ ] に対応します。

オプションで、gcare は、閉ループ固有値のベクトル L と、次の値をもつ診断 report を返します。

  • ハミルトニアン ペンシルが jw 軸の固有値をもつ場合、-1

  • 有限の安定化解 X が存在しない場合、-2

  • 有限の安定化解 X が存在する場合、0

この構文は、X が存在しない場合、エラー メッセージを出力しません。

[X1,X2,D,L] = gcare(H,...,'factor') は、2 つの行列 X1X2 と、X = D*(X2/X1)*D であるような対角のスケーリング行列 D を返します。ベクトル L は、閉ループ固有値を含みます。関連するハミルトニアン行列が虚軸上に固有値をもつ場合、すべての出力は空になります。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

すべて展開する

参考