最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

d2cOptions

離散時間から連続時間への変換のためのオプション セットを作成

構文

opts = d2cOptions
opts = d2cOptions(Name,Value)

説明

opts = d2cOptions は、d2c のための既定のオプションを返します。

opts = d2cOptions(Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value ペア引数により指定されるオプションをもつオプション セットを作成します。

入力引数

名前と値のペアの引数

'method'

離散化手法。以下のいずれかの値として指定。

'zoh'ゼロ次ホールド。d2c は、サンプル時間 Ts にわたり制御入力が区分的に一定であると仮定します。
'foh'

入力の線形内挿 (修正された 1 次ホールド)。制御入力はサンプリング周期の間中、区分的に線形であると仮定します。

'tustin'双一次 (Tustin) 変換既定では、既定では d2c はプリワープを付けずに変換します。プリワープを含めるには、PrewarpFrequency オプションを使用します。
'matched'極-零点マッチング法。(1 の 224 ページを参照)。

d2c 変換法のアルゴリズムの詳細については、連続/離散の変換方法を参照してください。

既定値: 'zoh'

'PrewarpFrequency'

rad/TimeUnit で指定する 'tustin' メソッドのプリワープ周波数。ここで、TimeUnit は時間単位であり、離散時間システムの TimeUnit プロパティで指定されます。プリワープ周波数を正のスカラー値として指定します。値 0 は、プリワープのない 'tustin' メソッドに対応します。

既定値: 0

出力引数

すべて折りたたむ

d2c のオプション セット。d2cOptions オプション セットとして返されます。

すべて折りたたむ

次の離散時間伝達関数について考えます。

H(z)=z+1z2+z+1

サンプル時間 0.1 秒で離散時間伝達関数を作成します。

Hd = tf([1 1],[1 1 1],0.1);

離散化手法をプリワープ周波数が 20 ラジアン/秒の双一次 (Tustin) 近似に指定します。

opts = d2cOptions('Method','tustin','PrewarpFrequency',20);

指定した離散化手法を使用して離散時間モデルを連続時間モデルに変換します。

Hc = d2c(Hd,opts);

離散化オプション セット opts を使用して、同じオプションで追加のモデルを離散化できます。

参考文献

[1] Franklin, G.F., Powell,D.J., and Workman, M.L., Digital Control of Dynamic Systems (3rd Edition), Prentice Hall, 1997.

参考

R2010a で導入