Main Content

MATLAB の関数のデプロイ方法

MATLAB® 関数をデプロイするために、コンパイラは以下のタスクを実行します。

  1. 依存関係解析関数を使用して、ファイルの依存関係を解析します。依存関係は生成されたパッケージに含まれるファイルであり、ファイルによって呼び出される関数に由来します。依存関係は以下の影響を受けます。

    • ファイル タイプ — MATLAB、Java®、MEX など。

    • ファイルの場所 — MATLAB、MATLAB ツールボックス、ユーザー コードなど。

    依存関係の解析の詳細については、MATLAB Compiler を使用した依存関係の解析を参照してください。

  2. MEX ファイルを検証します。特に、mexFunction エントリ ポイントが検証されます。

    パッケージ化されたアプリケーションに MEX ファイルを含める方法の詳細については、パッケージ化されたアプリケーションでのファイルへのアクセスを参照してください。

  3. 入力ファイルとその依存関係から、デプロイ可能なアーカイブを作成します。

    デプロイ可能なアーカイブの詳細については、デプロイ可能なアーカイブを参照してください。

  4. ターゲット固有のラッパー コードを生成します。

  5. ターゲット固有のバイナリ パッケージを生成します。

    C++ 共有ライブラリ、Java パッケージ、.NET アセンブリなどのライブラリ ターゲット用に、コンパイラは対応するサードパーティ コンパイラを呼び出します。