最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コンスタレーションのプロット

16-PSK コンスタレーション ダイアグラムの作成

この例では、16 点をもつ PSK コンスタレーションをプロットする方法を示します。

16-PSK 変調のパラメーターを位相オフセットなしとバイナリ シンボル マッピングに設定します。

M = 16;             % Modulation alphabet size
phOffset = 0;       % Phase offset
symMap = 'binary';  % Symbol mapping (either 'binary' or 'gray')

変調器オブジェクトを作成します。

pskModulator = comm.PSKModulator(M,phOffset,'SymbolMapping',symMap);

コンスタレーションをプロットします。

constellation(pskModulator)

32-QAM コンスタレーション ダイアグラムの作成

この例では、32 点をもつ QAM コンスタレーションをプロットする方法を示します。

関数 qammod を使用して、バイナリ シンボル順序で 32-QAM シンボルを生成します。

M = 32;
data = 0:M-1;
sym = qammod(data,M,'bin');

コンスタレーションをプロットします。コンスタレーション シンボルの順序をラベル付けします。

scatterplot(sym,1,0,'b*');
for k = 1:M
    text(real(sym(k))-0.4,imag(sym(k))+0.4,num2str(data(k)));
end
axis([-6 6 -6 6])

8-QAM グレイ符号コンスタレーション ダイアグラムの作成

関数 qammod を使用して、グレイ シンボル順序で 8-QAM シンボルを生成します。グレイ符号は関数 qammod の既定シンボル マップです。

M = 8;
data = 0:M-1;
sym = qammod(data,M);

コンスタレーションをプロットします。コンスタレーション シンボルの順序をラベル付けします。

scatterplot(sym,1,0,'r*');
grid on
for k = 1:M
    text(real(sym(k))-0.4,imag(sym(k))+0.4,num2str(data(k)));
end
axis([-4 4 -2 2])

QAM の三角形コンスタレーションのプロット

この例では、カスタマイズされた QAM 基準コンスタレーションをプロットする方法を示します。

コンスタレーションを記述します。

inphase = [1/2 -1/2 1 0 3/2 -3/2 1 -1];
quadr = [1 1 0 2 1 1 2 2];
inphase = [inphase; -inphase];
inphase = inphase(:);
quadr = [quadr; -quadr];
quadr = quadr(:);
refConst = inphase + 1i*quadr;

名前と値のペアを使用してコンスタレーション ダイアグラム System object を作成し、タイトル、座標軸の範囲、参照マーカー タイプ、参照マーカーの色を指定します。

constDiagram = comm.ConstellationDiagram('Title','Customized Constellation for QAM', ...
    'XLimits',[-3 3],'YLimits',[-3 3], ...
    'ReferenceConstellation',refConst, ...
    'ReferenceMarker','*','ReferenceColor',[0 1 0]);

カスタマイズされたコンスタレーションをプロットします。

constDiagram(refConst)

参考