Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

チャネルの可視化

Communications Toolbox™ ソフトウェアは、フェージング チャネルの特性を GUI で表示するのに役立つプロット関数を提供します。フェージング チャネル、オブジェクト、およびブロックの説明については、フェージング チャネルを参照してください。

目的の可視化設定をチャネルのインパルス応答周波数応答、またはドップラー スペクトルをプロットするように選択します。

インパルス応答

インパルス応答プロットは、チャネルのパス ゲイン、チャネル フィルター係数および内挿パス ゲインを表示します。マゼンタで表示されるパス ゲインは、指定されたパス遅延に対応する時間インスタンスに生じます。これは入力サンプリング時間と一致しない場合があります。黄色で表示されるチャネル フィルター係数は、チャネルのモデル化に使用されます。これらは実際のパス ゲインから内挿され、入力サンプリング時間に合わせて並べられます。パス ゲインがサンプル時間と一致する場合、フィルター係数に一部重なります。チャネル フィルター係数の間に表示される青い点は sinc 内挿によって生成されます。これらの点は、表示用のみに使用され、その後のチャネルのフィルター処理には使用されません。フラット フェージング チャネル (1 パス) では sinc 内挿点は表示されません。インパルス応答プロットでは、フレームとサンプルの数がディスプレイの左上に表示されます。インパルス応答プロットは、ツール バーとメニューをそのベースとなる System object dsp.ArrayPlot と共有します。

この図は、パス ゲインがサンプル時間と一致するチャネルのインパルス応答を示します。パス ゲインとチャネル フィルター係数は一部重なっています。

指定されたパス ゲインがサンプルレートと一致しない場合を次のプロットに示します。パス ゲインとチャネル フィルター係数が重なり合わず、フィルター係数が均等に分布していることがわかります。

周波数フラットなチャネルのインパルス応答を次に示します。チャネルは単一の係数で表現されているため、内挿は行われません。また、内挿されたパス ゲインは表示されません。

メモ

  • 表示されるパス ゲインの位置と指定されたパス ゲインの位置は、最大で入力サンプル時間の 5% 異なる場合があります。

  • MIMO の場合、アンテナ選択プロパティが Off 以外の値に設定され、指定された送受信ペアが現在のフレーム伝送に選択されていない場合、何も表示されません。SISO に対しては、アンテナの選択は適用されません。

  • 可視化の表示速度は、プロパティを表示するサンプルと [再生][更新を減らして性能を改善] メニュー項目の組み合わせによって制御されます。表示するサンプルの割合を削減し、更新を削減することによって、インパルス応答のレンダリング速度が向上します。

  • インパルス応答プロットを手動で閉じた後、チャネル モデルは通常の速度で実行されます。

  • コード生成は、可視化プロパティが Off に設定されている場合のみ使用可能です。

周波数応答

周波数応答プロットは、チャネル フィルター係数の離散フーリエ変換を取得してチャネル スペクトルを表示します。MIMO の場合、この変換は指定した送信/受信アンテナ ペアに対して実行されます。周波数応答プロットは、ツール バーとメニューをそのベースとなる System object dsp.SpectrumAnalyzer と共有します。既定の設定では、箱型ウィンドウを使用します。ウィンドウの長さは、チャネル モデルの設定に基づいて設定されます。[表示][スペクトル設定] メニューを使用して、プロパティ値をそれらの既定値から変更します。

周波数選択性チャネルの周波数応答のプロットを示します。

メモ

  • 可視化の表示速度は、プロパティを表示するプロパティと [再生][プロットの比率を下げて性能を改善] メニュー項目の組み合わせによって制御されます。表示するサンプルの割合を削減し、更新を削減することによって、周波数応答のレンダリング速度が向上します。

  • 周波数応答プロットを手動で閉じた後、チャネル モデルは通常の速度で実行されます。

  • コード生成は、可視化プロパティが Off に設定されている場合のみ使用可能です。

Doppler Spectrum

ドップラー スペクトル プロットには、理論上のドップラー スペクトルと経験的に決定されたデータ点の両方が表示されます。理論上のデータは、非静的チャネルの場合は黄色の線で、静的チャネルの場合は黄色の点で表示されます。経験的データは青で表示されます。内部バッファーがフィルター処理されたガウス サンプルで完全に満たされた場合、経験的プロットは更新されます。経験的プロットは、満たされた各バッファーから計算されたスペクトルの移動平均です。非静的チャネルに関しては、次の更新までに必要な入力サンプル数が、左上に表示されます。必要なサンプルは、サンプルレートと最大ドップラー シフトの関数です。ドップラー スペクトル プロットは、ツール バーとメニューをそのベースとなる System object dsp.ArrayPlot と共有します。

静的チャネルでは、テキスト Reset fading channel for next update が表示されます。

メモ

  • ドップラー スペクトル プロットを手動で閉じた後、チャネル モデルは通常の速度で実行されます。

  • コード生成は、可視化プロパティが Off に設定されている場合のみ使用可能です。

参考

ブロック

オブジェクト