Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

muxintrlv

遅延を指定しシフト レジスタを使用したシンボルの並べ替え

構文

intrlved = muxintrlv(data,delay)
[intrlved,state] = muxintrlv(data,delay)
[intrlved,state] = muxintrlv(data,delay,init_state)

説明

intrlved = muxintrlv(data,delay) は内部シフト レジスタを使用して各要素が遅延値をもつ data の要素を置換します。delay はエントリが各シフト レジスタが保持できるシンボル数を示すベクトルです。delay の長さはシフト レジスタ数です。関数がデータを処理する前に、すべてのシフト レジスタをゼロで初期化します。data が複数の行と列をもつ行列である場合、この関数は列を個別に処理します。

[intrlved,state] = muxintrlv(data,delay) はシフト レジスタの最終状態を保持する構造体を出力します。state.value は任意のシフトされないシンボルを保存します。state.index はシフトされる次のレジスタのインデックスです。

[intrlved,state] = muxintrlv(data,delay,init_state) はシフト レジスタを init_state.value に含まれるシンボルで初期化し、最初の入力シンボルを init_state.index で参照されるシフト レジスタへ導きます。構造体 init_state は通常、この同じ関数への前の呼び出しからの state 出力で、対応するデインターリーバーには無関係です。

MATLAB で連続した整数のシーケンスを使用した畳み込みインターリーブとデインターリーブと関数 convintrlv のリファレンス ページの例は muxintrlv を使用します。

muxdeintrlv のリファレンス ページの例はこの関数での state 出力および init_state 入力の使用方法を示します。この関数のプロセスは同じです。

参考文献

[1] Heegard, Chris, and Stephen B. Wicker, Turbo Coding, Boston, Kluwer Academic Publishers, 1999.

R2006a より前に導入