Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

M-PSK TCM Decoder

PSK 法を使用して変調されたトレリス符号変調データの復号化

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の TCM

  • M-PSK TCM Decoder block

説明

M-PSK TCM Decoder ブロックは、PSK のコンスタレーションを用いて変調されたトレリス符号変調 (TCM) の信号を、ビタビ アルゴリズムを使用して復号化します。

[M-ary number] パラメーターは、コンスタレーションのポイント数を示し、これはまた、畳み込み符号化器で可能な出力シンボルの数に等しくなります (つまり、log2([M-ary number]) が畳み込み符号化器からの出力ビットストリーム数に等しい)。

正しい復号化のためには、このブロックにある [Trellis structure][M-ary number] パラメーターが、M-PSK TCM Encoder ブロックのパラメーターと一致していなくてはなりません。

入力信号と出力信号

このブロックは、複素数を含む列ベクトルの入力信号を受け入れます。入力信号は double または single でなければなりません。リセット端子の信号は double または Boolean でなければなりません。各ブロック端子でサポートされるデータ型については、サポートされているデータ型を参照してください。

トレリス構造体で記述された畳み込み符号化器が符号化率 k/n の符号を示す場合、M-PSK TCM Decoder ブロックの出力は、入力シグナルの k 倍のベクトル長をもつバイナリ列ベクトルです。

操作モード

ブロックは、連続フレーム間の遷移に 3 つの方式が利用できます。ブロックでどの方式を使用するかは [Operation mode] パラメーターで指定します。このパラメーターは [Traceback depth] パラメーター D の値が取り得る範囲にも影響します。

  • [Continuous] モードでは、ブロックはシミュレーション開始時にすべての状態メトリクスを初期化し、D 個のシンボルが蓄積するまで待機してから、D 個のシンボルのシーケンスを用いて個々のトレースバック パスを計算します。D は、正の整数です。各フレームの最後でブロックは、次のフレームで使用するために、その内部状態メトリクスを保存します。

    [Enable the reset input] を選択すると、Rst とラベル付けされた別の入力端子がブロックに表示されます。この端子は整数のスカラー信号を受け取ります。Rst 端子の値が非ゼロであれば、ブロックはすべての状態メトリクスをゼロに初期化し、トレースバック メモリをゼロに設定します。

  • [Truncated] モードの場合、ブロックは各フレームを個別に扱います。トレースバック パスは、最低メトリクスの状態で開始します。D は入力のベクトル長以下でなければなりません。

  • [Terminated] モードの場合、ブロックは各フレームを個別に扱います。トレースバック パスは、常にすべて 0 の状態で開始します。D は入力のベクトル長以下でなければなりません。データの各フレームが通常はすべて 0 の状態で終わることが既知の場合は、このモードが適切な選択肢となります。

復号化遅延

[Operation mode][Continuous] に設定した場合、そのブロックでは、符号化率 k/n の畳み込み符号で、[Traceback depth] *k ビット分の復号化遅延が発生します。復号化遅延は、出力される復号化後の先頭ビットの前に先行するゼロの数となります。

[Operation mode] のその他の値では、ブロックでの遅延は生じません。

パラメーター

Trellis structure

畳み込み符号化器のトレリス表現を含む MATLAB® 構造体。

M-ary number

コンスタレーションのポイント数です。

Traceback depth

ブロックが各トレースバック長を構築するためにビタビ アルゴリズムで使用するトレリス分岐の数 (シンボル数と等価) です。

Operation mode

ビタビ復号化器の操作モードです。選択肢は [Continuous][Truncated]、および [Terminated] です。

Enable the reset input port

このチェック ボックスをオンにすると、Rst というラベルの付いた 2 番目の入力端子がブロックに表示されます。この端子にゼロ以外の入力値を提供することによって、ブロックはその内部メモリを、入力データを処理する前の初期状態に設定します。このオプションが表示されるのは、[Operation mode][Continuous] に設定した場合のみです。

Output data type

ブロックの出力データ型には、boolean または double を指定できます。既定の設定では、ブロックはこれを double に設定します。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

Reset

  • 倍精度浮動小数点

  • boolean

出力

  • 倍精度浮動小数点

  • boolean

ペア ブロック

M-PSK TCM Encoder

参考文献

[1] Biglieri, E., D. Divsalar, P. J. McLane and M. K. Simon, Introduction to Trellis-Coded Modulation with Applications, New York, Macmillan, 1991.

[2] Proakis, John G., Digital Communications, Fourth edition, New York, McGraw-Hill, 2001.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入