Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Algebraic Deinterleaver

代数的に求めた置換を使用して入力シンボルの順序を復元

ライブラリ

Interleaving の Block サブライブラリ

  • Algebraic Deinterleaver block

説明

Algebraic Deinterleaver ブロックは、Algebraic Interleaver ブロックを使用してインターリーブされたシーケンスの元の順序を復元します。標準の使い方では、2 つのブロックのパラメーターは同じ値になります。

[Number of elements] パラメーターである N は、入力ベクトルにどの程度の数があるかを示します。このブロックは、列ベクトル入力信号を受け入れます。

このブロックは次のデータ型を受け入れます。int8uint8int16uint16int32uint32booleansingledouble および固定小数点。出力信号のデータ型は、入力信号から継承されます。

[Type] パラメーターは、ブロックが適切な置換テーブルを生成するために使用する代数的手法を示します。選択肢としては、[Takeshita-Costello] および [Welch-Costas] があります。これらの方法のそれぞれには、その手法に固有のパラメーターと制限があります。詳細は、Algebraic Interleaver ブロックのリファレンス ページを参照してください。

パラメーター

Type

ブロックがデインターリーブに使用する置換テーブルのタイプ。選択肢としては、[Takeshita-Costello] および [Welch-Costas] があります。

Number of elements

入力ベクトルの要素の数 N。

Multiplicative factor

ブロックが対応するインターリーバーの循環ベクトルを計算するために使用する係数。このフィールドは、[Type][Takeshita-Costello] に設定されているときにだけ表示されます。

Cyclic shift

ブロックが対応するインターリーバーの置換テーブルを作成するときにインデックスをシフトする量。このフィールドは、[Type][Takeshita-Costello] に設定されているときにだけ表示されます。

Primitive element

有限体 GF(N+1) の次数 N の要素。このフィールドは、[Type][Welch-Costas] に設定されているときにだけ表示されます。

ペア ブロック

Algebraic Interleaver

参考文献

[1] Heegard, Chris and Stephen B. Wicker. Turbo Coding. Boston: Kluwer Academic Publishers, 1999.

[2] Takeshita, O. Y. and D. J. Costello, Jr. "New Classes Of Algebraic Interleavers for Turbo-Codes." Proc. 1998 IEEE International Symposium on Information Theory, Boston, Aug. 16-21, 1998. 419.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入