Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成時に検出されたエラーの修正

コード ジェネレーターは、エラーまたは警告を検出すると、エラー レポートを自動的に生成します。エラー レポートでは、問題を説明するとともに、エラーのある MATLAB® コードへのリンクが表示されます。

エラーを修正するには、コード生成でサポートされている MATLAB 機能のみを使用するように MATLAB コードを変更します。詳細は、コード生成のためのプログラミングの考慮事項を参照してください。MATLAB コードのコード生成エラーを検出し修正するためのデバッグ手法を選択します。詳細は、デバッグ方法を参照してください。

コード生成の後、ソフトウェアは、その実装を MATLAB でテストするために使用できる MEX 関数を生成します。

MATLAB コードが MATLAB パス上で関数を呼び出すと、コード ジェネレーターがこれらの関数を外部にするべきと判断したか、ユーザーが外部関数として宣言した場合を除き、これらの関数のコンパイルが試行されます。コード生成における関数呼び出しの解決を参照してください。詳細な診断結果を取得するには、codegen によってコンパイルする各外部関数に %#codegen 命令を追加します。

参考