Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.fftw.StandaloneFFTW3Interface.getPlanMethod

クラス: coder.fftw.StandaloneFFTW3Interface
パッケージ: coder.fftw

FFTW プラン メソッドを返す

構文

coder.fftw.StandaloneFFTW3Interface.getPlanMethod()

説明

coder.fftw.StandaloneFFTW3Interface.getPlanMethod() は、生成されたスタンドアロン コード内の FFTW ライブラリ呼び出しに対して、FFTW プラン メソッドを返します。

coder.fftw.StandaloneFFTW3Interface クラスから派生する FFTW ライブラリ コールバック クラスを定義するときは、getPlanMethod メソッドを実装する必要はありません。既定では、計画メソッドは FFTW_ESTIMATE です。異なるメソッドを使用するには、getPlanMethod メソッドを実装します。FFTW Web サイトの計画セクションで説明されている計画メソッドのいずれかを指定します。

すべて展開する

coder.fftw.StandaloneFFTW3Interface から派生する FFTW ライブラリ コールバック クラスの getPlanMethod メソッドで FFTW_MEASURE 計画メソッドを指定します。

% copyright 2017 The MathWorks, Inc.

classdef useMyFFTW < coder.fftw.StandaloneFFTW3Interface
     
    methods (Static)
        function th = getNumThreads
            coder.inline('always');
            th = int32(coder.const(1));
        end

        function me = getPlanMethod
            coder.inline('always');
            me = coder.const(coder.opaque('int', 'FFTW_MEASURE'));
        end
                
        function updateBuildInfo(buildInfo, ctx)
            fftwLocation = '/usr/lib/fftw';
            includePath = fullfile(fftwLocation, 'include');
            buildInfo.addIncludePaths(includePath);
            libPath = fullfile(fftwLocation, 'lib');
            
            %Double
            libName1 = 'libfftw3-3';
            [~, libExt] = ctx.getStdLibInfo();
            libName1 = [libName1 libExt];
            addLinkObjects(buildInfo, libName1, libPath, 1000, true, true);
            
            %Single
             libName2 = 'libfftw3f-3';
            [~, libExt] = ctx.getStdLibInfo();
            libName2 = [libName2 libExt];
            addLinkObjects(buildInfo, libName2, libPath, 1000, true, true);
        end
    end           
end
R2017b で導入