Main Content

nrLayerDemap

スクランブルおよび変調されたコードワードへのレイヤー デマッピング

R2018b 以降

説明

out = nrLayerDemap(in) は、in で指定された受信レイヤード シンボルのレイヤー デマッピングから取得した 1 つまたは 2 つのコードワードを返します。この関数は、TS 38.211 の Table 7.3.1.3-1 [1]で規定されているように、レイヤーの数に基づいてコードワードの数を判定します。

すべて折りたたむ

長さ 20 の単一のコードワードを 4 つのトランスミッション レイヤーにマッピングします。

codeword = ones(20,1); 
nLayers = 4; 
layeredOut = nrLayerMap(codeword,nLayers);

レイヤー デマッピングを使用して元のコードワードを復元します。

out = nrLayerDemap(layeredOut);

エラーをチェックします。

isequal(codeword,out{1})
ans = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

レイヤード変調シンボル。サイズ M 行 nLayers 列の複素行列として指定します。M はトランスミッション レイヤーの変調シンボルの数です。nLayers はトランスミッション レイヤーの数 (範囲 1 ~ 8) です。

データ型: double
複素数のサポート: あり

出力引数

すべて折りたたむ

コードワードの変調シンボル。1 つまたは 2 つの複素数列ベクトルの cell 配列として返されます。この出力は入力 in のデータ型を継承します。1 つのベクトルは 1 つのコードワードに対応します。コードワードの数は、レイヤーの数に基づきます。この関数は、TS 38.211 の Table 7.3.1.3-1 を使用してコードワードの数を判定します。

データ型: cell

参照

[1] 3GPP TS 38.211. “NR; Physical channels and modulation.” 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Radio Access Network.

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2018b で導入