MATLAB Answers



リッチ テキスト エディターの使用

目次:

概要

リッチ エディターを使用して、リッチ テキスト形式、ハイパーリンク、イメージ、および添付ファイルを追加することで、高度なコンテンツ表示が可能になります。MATLAB コードには、強調表示された MATLAB 構文、および LaTeX 式を含めることができます。
RTC help summary

このライブ デモを試す



ツール バーのコマンド

テキスト コントロール

オプション 説明
text toggle icon テキストの切り替え テキスト モードを有効にします (コード モードの場合にテキスト モードに切り替えます)。
注意: 既定ではテキスト モードが有効になっています。
normal text icon 標準テキスト 標準テキストを有効にします。
heading icon 見出し 見出しスタイルを有効にします。
bold icon 太字 テキストを太字で表示します。
italic icon イタリック テキストをイタリックで表示します。
underline icon 下線 テキストに下線を引きます。
monospace icon 等幅 テキストを固定幅フォントで表示します。
bulleted list icon 記号付きリスト 記号付きリストを追加します。
numbered list icon 番号付きリスト 番号付きリストを追加します。

コード コントロール

オプション 説明
code toggle icon コードの切り替え コード モードを有効にします (テキスト モードの場合にコード モードに切り替えます)。
comment icon コメント 現在の行をコメントアウトします。
uncomment icon コメント解除 現在の行をコメント解除します (コメントアウトされている場合)。
indent icon インデント 現在の行の先頭にタブ スペースを追加します。
unindent icon インデント解除 現在の行の先頭からタブ スペースを削除します。

コントロールの挿入およびヘルプ

オプション 説明
insert image icon イメージ イメージを追加します。詳細を見る
hyperlink icon ハイパーリンク 選択したテキストをハイパーリンクに変換します。
equation iconLaTeX 式を追加します。詳細を見る
attachments icon 添付ファイル 添付ファイルを追加します。詳細を見る
help icon ヘルプ リッチ テキスト エディターのヘルプを表示します (このページ)。
注意: リッチ テキスト エディターはライブ スクリプトを作成するための MATLAB Live Editor のコンポーネントで、一部の機能のみご利用いただけます。MATLAB Live Editor の書式設定についての詳細をご覧ください

キーボード ショートカット:

書式設定スタイル オートフォーマット シーケンス キーボード ショートカット
テキスト/コードの切り替え - Ctrl+E (⌥Enter)
標準テキスト - Ctrl+Alt+T (⌃⌥T)
見出し ## テキスト + Enter Ctrl+Alt+H (⌃⌥H)
太字 **テキスト**
__テキスト__
Ctrl+B (⌘B)
イタリック *テキスト*
_テキスト_
Ctrl+I (⌘I)
太字とイタリック ***テキスト***
___テキスト___
Ctrl+B、次に Ctrl+I (⌘B、次に ⌘I)
下線 - Ctrl+U (⌘U)
等幅 `テキスト`
|テキスト|
Ctrl+M (⌃M)
記号付きリスト * テキスト
- テキスト
+ テキスト
Ctrl+Alt+U (⌃⌥U)
番号付きリスト 数値. テキスト Ctrl+Alt+O (⌃⌥O)
コメント - Ctrl+R (⌘/)
インデント - Ctrl+] (⌘])
Tab
インデント解除/インデントを戻す - Ctrl+[ (⌘[)
ハイパーリンク URL+SpaceまたはEnter
<URL>
[ラベル](URL)
Ctrl+K (⌘K)
LaTeX 式 $LaTeX$ Ctrl+Alt+G (⌘⌥G)
インライン式 - Ctrl+Shift+E (⌘⇧E)
商標、サービス マーク、および著作権記号 (™、℠、®、および ©) (TM)
(SM)
(R)
(C)
-

  1. エディター ツール バーで hyperlink icon をクリックします
  2. ポップアップ ダイアログ ボックスでリンク テキストおよびターゲット URL を入力します。
  3. [OK] をクリックしてリンクを追加します。

イメージ

  1. エディター ツール バーで insert image icon をクリックします。
  2. 自分のコンピューターまたは Web のどちらからアップロードするかを選択します。イメージ ファイルは 15 MB 以下でなければなりません。
    1. コンピューターからアップロードする場合は、[ファイルの選択] をクリックし、ファイルを参照して選択します。
    2. Web からアップロードする場合は URL を入力します。
  3. イメージを挿入する際、次のパラメーターを指定できます:
    • 代替テキスト – イメージが表示できない場合に使用する、イメージの代替テキストを指定します。
    • サイズ – 指定した倍率にイメージを拡大縮小します。
    • 配置 – 選択された値に応じて、イメージとテキストを揃えます。
  4. [OK] をクリックしてイメージを挿入します。

添付ファイル

ツール バーから

  1. エディター ツール バーで attachments icon をクリックします。
  2. [開く] をクリックし、ファイルを添付します。

ドラッグ アンド ドロップ

  1. 1 つ以上のファイルを選択し、それらをエディター上にドラッグします。
  2. エディターの色がグレーになったら、ファイルをドロップします。
すべての添付ファイルは次の要件を満たさなければなりません。
  • ファイルは 5 MB 以下でなければなりません。
  • 添付ファイルは、csv、fig、gif、jpg、jpeg、m、mat、mdl、mlx、slx、pdf、png、txt、xls、xlsx、zip のいずれかの形式でなければなりません。
  • 24 時間ごとに最大 10 個の添付ファイルをアップロードできます。この期間内にファイルを追加でアップロードする必要がある場合、既存の添付ファイルを削除した上で、新しいファイルをアップロードしてください。