フィルターのクリア

File Exchange にある、MQTT in MATLAB を活用して、ThingSpeak のデータを取得する方法を教えてください。

2 ビュー (過去 30 日間)
Takafumi
Takafumi 2017 年 11 月 28 日
編集済み: michio 2019 年 10 月 28 日
以下のツールを活用した例をおしえてください。 MQTT in MATLAB

採用された回答

Takafumi
Takafumi 2017 年 11 月 28 日
サンプル例です。CH 12397 のWeather Station のデータを取得します。
コードの1行目については、
ThingSpeak のページで、[Account]-[My Profile]から、[MQTT API Key]を作成します。
そのKey がパスワードになります。
コードの2行目は、チャネルIDを次のように指定します。
もしプライベートなチャネルの場合は、json の後に、json/<Read key> のように追記します。
myMQTT=mqtt('tcp://mqtt.thingspeak.com','Port',1883,'Username','xxxx','Password','xxxx')
mySub = subscribe(myMQTT,'channels/12397/subscribe/json')
read(mySub)

その他の回答 (0 件)

コミュニティ

その他の回答  ThingSpeak コミュニティ

カテゴリ

Help Center および File ExchangeTest and Measurement についてさらに検索

製品

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!