Main Content

ROI の最小値の検索

この例は、2-D Minimum ブロックを使用して、イメージの ROI の最小値を計算する方法を示しています。最小値を使用することにより、モデルはイメージ領域の不明瞭なピクセルを削除します。

モデル例

モデルは、元のイメージと、最小値を計算する必要がある ROI を構成するバイナリ マスクを読み取ります。元のイメージは、形状が円形の大きなイメージ構造の領域と、小さくて不明瞭なイメージ構造の領域で構成されています。バイナリ マスクは、不明瞭な構造を明確なイメージ構造から分離します。

ROI を含むバイナリ マスクを MATLAB ワークスペースに読み込みます。不明瞭な構造に対応する ROI は、バイナリ マスクで強度値 1 を持ちます。

load('binarymask.mat');

モデルを開きます。

modelname='ex_blk2dminimum';
open_system(modelname);

計算された最小値のみを出力する 2-D Minimum ブロックでは、ブロックの Mode パラメーターを Value に設定します。ROI 処理を実行するには、Find the minimum value over パラメーターを Entire input に設定します。2-D Minimum ブロックへの ROI 入力はバイナリ イメージです。そのため、ROIType パラメーターを Binarymask に設定します。ブロックは、バイナリ マスクで指定された ROI にある元のイメージのピクセルの最小値を計算します。

MATLAB function block は、ROI のピクセル値を、計算された最小値に置き換えます。

結果のシミュレーションと表示

モデルは、明確なイメージ構造のみになったクリーンなイメージを出力します。

 sim(modelname);