Main Content

2-D Convolution

2 つの入力行列の 2 次元離散畳み込みの計算

  • ライブラリ:
  • Computer Vision Toolbox / Filtering

  • 2-D Convolution block

説明

2-D Convolution ブロックは 2 つの入力行列の 2 次元畳み込みを計算します。行列 A の次元が (Ma, Na) で行列 B の次元が (Mb, Nb) と仮定します。ブロックが完全な出力サイズを計算すると、2 次元離散畳み込みの方程式は次のようになります。

C(i,j)=m=0(Ma1)n=0(Na1)A(m,n)*B(im,jn)

ここで、0i<Ma+Mb1 および 0j<Na+Nb1 です。

端子

入力

すべて展開する

入力行列。強度値の行列または RGB ビデオ ストリームの 1 つの平面を表す行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

入力行列。強度値の行列または RGB ビデオ ストリームの 1 つの平面を表す行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

出力

すべて展開する

入力行列の畳み込み。行列として返されます。

依存関係

  • 出力の次元は [出力サイズ] パラメーターで決まります。

  • 入力のデータ型が浮動小数点の場合、ブロックの出力も浮動小数点になります。

  • all(size(I1)<size(I2)) の場合、ブロックはエラーを返します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

パラメーター

すべて展開する

[メイン] タブ

出力の次元。

次の入力次元が与えられた場合のブロックの出力を表に示します。

  • I1 — (Ma, Na)

  • I2 — (Mb, Nb)

出力サイズ出力 出力の次元
完全完全な 2 次元畳み込み(Ma+Mb-1, Na+Nb-1).
入力端子 I1 と同じ端子 [I1] での入力と同じ次元の畳み込みの中心部分 
有効どの入力の、ゼロがパディングされたエッジも含めずに計算された畳み込みの部分のみ。(Ma-Mb+1, Na-Nb+1)

出力を [sqrt(sum(dot(I1p,I1p))*sum(dot(I2,I2)))] で除算することにより、出力を正規化します。ここで、[I1p] は、[I1] 行列の、[I2] 行列と一致する部分です。

メモ

[正規化された出力] チェック ボックスをオンにする場合、ブロック入力を固定小数点にすることはできません。

[データ型] タブ

固定小数点ブロック パラメーターの詳細については、ブロックの固定小数点属性の指定を参照してください。

ブロックの特性

データ型

double | fixed point | integer | single

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

はい

アルゴリズム

すべて展開する

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入