Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

TweetControl アプリ

TimeControl アプリを使用して、指定したトリガー ワードを含むツイートに対して応答し、ThingHTTP アプリを使用して HTTP 要求を送信します。ツイート内にトリガー ワードが出現すると ThingHTTP コードで指定されたアクションが実行されます。

TweetControl アプリを使用すると、Twitter® ユーザー名と特定のハッシュタグに基づくソーシャル コントロールを作成することができます。このアプリは Twitter Streaming API を使用しているため、リアルタイムの制御が可能です。このアプリを使用して ThingHTTP 要求を送信することで、組み込みのデバイス (モノ) を制御したり外部 API にデータを送信することができます。

TweetControl はトリガー ワードを検出するたびに TweetControl 要求をリッスンして処理します。これにより、ステータス更新を確認するために Twitter を継続的にポーリングする必要がなくなります。

制御のセットアップ

ThingHTTP 要求の作成

ThingHTTP を使用すると、HTTP プロトコルをサポートするあらゆるものにプロキシ接続することができます。ThingHTTP 要求をセットアップして、Twilio® の HTTP ベースの API による電話での呼び出し、デバイスの制御、あるいは HTTP 要求を受け取るサーモスタットへの接続などを行うことができます。

置き換えキー-  以下のキーを使用して、TweetControl からデータにアクセスします。

  • %%status%% – TweetControl で受信したツイートの全テキスト

  • %%trigger%% – TweetControl で定義されているトリガー

TweetControl の作成

ThingHTTP 要求を Twitter ハッシュタグにリンクさせます。

  1. ThingSpeak™ にサイン インします。

  2. [Apps][TweetControl] を選択します。

  3. [New TweetControl] をクリックします。

  4. この TweetControl を誰でもトリガーできるようにするには [Anonymous TweetControl] チェック ボックスをオンにします。

  5. Twitter Account: 特定の 1 人の Twitter ユーザーに制御を関連付けるには、Twitter ユーザー名を入力します。

  6. Trigger: ハッシュタグに続けてトリガー ワードを入力します。例: #turnlightson。

  7. ThingHTTP Action: 実行する ThingHTTP を選択します。

  8. TweetControl を保存します。

ツイートの送信: 世界をコントロール

ThingHTTP コマンドを実行するには、Twitter アカウントからフィルターとトリガー ハッシュタグを含むツイートを送信します。

ツイートの構造

FILTER TRIGGER

TweetControl を実行するには、トリガーと一緒にフィルター キーワードを含めなければなりません。

サンプル ツイート

#thingspeak #trigger

フィルター

フィルターの大文字と小文字は区別されず、ハッシュタグ (#) を付ける必要はありません。以下のキーワードを使用してツイートをフィルターします。

  • #thingspeak

  • thingspeak

  • #tweetcontrol

  • tweetcontrol

  • #cheeerlights

  • cheerlights

ヒント

TweetControl を使用する予定のプロジェクトで独自のフィルター キーワードを使用することを希望される場合は、弊社にお知らせください。サービスに追加させていただきます。

例: トリガーでチャネル フィールドを更新

この例では、TweetControl をトリガーした語句を含む Twitter のデータで ThingSpeak チャネル "field1" を更新する方法を説明します。これは、チャネルの "status" フィールドにツイートの全テキストを追加します。

ThingHTTP 要求の作成

要求を処理する ThingHTTP を作成し、"ThingSpeak Channel Updater" という名前を付けます。

  • URL: http://api.thingspeak.com/update と入力します。

  • Method: POST を選択します。

  • Body: api_key=THINGSPEAK_WRITE_KEY&field1=%%trigger%%&status=%%status%% と入力します。

TweetControl の作成

  • [Anonymous TweetControl] チェック ボックスをオンにします。

  • [Trigger] フィールドに "love" と入力します。

  • [ThingHTTP Action] フィールドで "ThingSpeak Channel Updater" を選択します。

  • TweetControl を保存します。

ツイートの送信

  • 指定した Twitter アカウントを使用して以下をツイートします。

    "I love TweetControl"

ThingSpeak チャネルをチェックして、新しいステータス エントリを確認します。

"TweetControl" が有効なフィルター キーワードで、"love" がトリガーに一致します。

お勧めのプロジェクト

TweetControl プロジェクトのアイディアをいくつかご紹介します。

  • サーマル プリンターでツイートを印刷

  • Twitter 投票機

  • Twitter で制御するおもちゃ

CheerLights の例

CheerLights は、TweetControl を使用して Twitter 経由で ThingSpeak チャネルを更新するプロジェクトです。ユーザーは ThingSpeak API をサブスクライブし、これによって照明の色が、最後に受信した色に設定されます。世界中の照明が同じ色になります。