Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

データの単純移動平均の可視化

この例では、株価の単純移動平均を経時的に計算して、結果を可視化する方法を説明します。

メモ

この例を実行するには、Financial Toolbox を使用するライセンスの与えられた MathWorks アカウントにログインしていなければなりません。

データの読み取り

ThingSpeak™ のチャネル 148933 には、遅延した金融データが含まれています。データは 1 分ごとに収集されます。Field 1、2、3、および 4 には、それぞれ最新値、高値、安値、および出来高が含まれています。

関数 thingSpeakRead を使用して、特定の日 (たとえば、2016 年 8 月 29 日) のデータをチャネル 148933 から読み取ります。

data = thingSpeakRead(148933,'DateRange',[datetime(2016,08,29,10,0,0),datetime(2016,08,29,16,30,0)],'Fields',1,...
    'outputFormat','table');

単純移動平均の計算

単純移動平均を計算するには、関数 tsmovavg を使用します。lag を 10 に設定します。これは、移動平均を取る時間枠のサイズまたは期間数を示します。

lag = 10;
simple = tsmovavg(data.Last,'s',lag,1);

移動平均のプロット

株価の値の経時的な単純移動平均の計算値をプロットします。

plot(data.Timestamps,data.Last,...
     data.Timestamps,simple);
datetick;
legend('Last Price','Simple');
xlabel('Hour of the day');
ylabel('Last stock price');
title('Last Price & Moving Averages');

このプロットは、一日にわたっての株価の移動平均を示しています。

参考

関数