最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ezpolar

説明

ezpolar(f) は、既定の領域 0 < θ < 2π で極座標曲線 r = f(θ) をプロットします。

ezpolar(f, [a b]) は、領域 a < θ < b で f をプロットします。

シンボリック式の極座標プロット

この例では、領域 [0, 2π] で関数 1 + cos(t) の極座標プロットを作成します。

syms t
ezpolar(1 + cos(t))

入力引数

すべて折りたたむ

入力。シンボリックな関数または式として指定します。

プロット角度。ベクトル、またはシンボリック ベクトルとして指定します。

R2006a より前に導入