ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

repartition

クラス: cvpartition

交差検証のための再分割データ

構文

cnew = repartition(c)

説明

cnew = repartition(c) は、c と同じタイプのランダム分割を定義して、cvpartition クラスのオブジェクト cnew を構築します。ここで、ccvpartition クラスのオブジェクトです。

再分割化は交差検証解析のモンテカルロ反復に役立ちます。'mcreps' パラメーターが指定されると、repartitioncrossval によって呼び出されます。

3 分割交差検証のための分割と再分割 100 の観測

c = cvpartition(100,'kfold',3)
c = 
K-fold cross validation partition
             N: 100
   NumTestSets: 3
     TrainSize: 67  66  67
      TestSize: 33  34  33

cnew = repartition(c)
cnew = 
K-fold cross validation partition
             N: 100
   NumTestSets: 3
     TrainSize: 67  66  67
      TestSize: 33  34  33

1 番目の分割の検証データの等価をチェックします。

isequal(test(c,1),test(cnew,1))
ans =
     0