最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

故障検出、分離、回復

システム故障を特定および管理するアルゴリズムを設計する

冗長ロジック、および各ステートへの明示的な遷移を使用して、セーフティ クリティカルなモデルがシステム故障から回復できるようにします。システム故障が発生した場合、SimStates を使用してこれを検出し、分離します。シミュレーション全体を再実行せずに、特定の故障時間でモデルをテストします。

トピック

故障検出ロジックと冗長ロジックをもつチャートのテスト

1 つ以上の故障に対するチャートの応答をチェックする。

真理値表を使用した故障状態からアクションへのマッピング

真理値表を使用して、故障状態を結果のアクションにマップする。

チャートにおける分離と回復のための設計

システム故障を検出し、故障モードから回復する。

注目の例