Main Content

熱モデルをもつ三相 PMSM 駆動

この例では、一般的なハイブリッド車両用にサイズ設定された PMSM (永久磁石同期機) とインバーターについて説明します。PMSM には、熱モデルと経験的な鉄損が含まれています。インバーターは車両バッテリーに直接接続されていますが、中間に DC-DC コンバーター段階を実装することもできます。このモデルを使用すると、望ましい性能を達成するためのアーキテクチャとゲインを選択することにより、PMSM コントローラーを設計できます。固定子巻線と回転子の初期温度は摂氏 25 度に設定されています。周囲温度は摂氏 27 度です。Scopes サブシステムには、シミュレーション結果を確認できるスコープが含まれています。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、テストでの回転子の要求回転数と測定回転数、および電気駆動装置のトルクを示しています。

以下のプロットは、モーターの巻線と回転子の温度を示しています。