Main Content

フラッタ抑制システムの減衰比の評価

この例では、カスタム基準スクリプトを使用して、翼の振動が減衰することを複数の高度と対気速度の条件で検証する方法を示します。

テストとモデル

モデルでは、Simscape™ を使用して Benchmark Active Controls Technology (BACT) / Pitch and Plunge Apparatus (PAPA) のセットアップをシミュレートします。翼にかかる空力は Aerospace Blockset™ を使用してシミュレートします。

テストでは、MachAltitude の 16 通りの組み合わせを反復します。テスト ケースで、カスタム基準と Curve Fitting Toolbox™ を使用して翼のピッチのピークを検出し、減衰比を調べます。減衰比がゼロより大きくない場合、評価は失敗になります。

[Open Script] をクリックしてテスト ファイルを開きます。

open('sltestFlutterCriteriaTest.mldatx')

[テスト ブラウザー][Altitude and mach iterations] を選択します。[テスト対象システム] セクションで [モデル] の横にある矢印をクリックしてモデルを開きます。

open_system('sltestFlutterSuppressionSystemExample.slx')

カスタム基準スクリプト

テスト ケースのカスタム基準で、次のスクリプトを使用して減衰比がゼロより大きいことを検証します。

% Get time and data for pitch
Time = test.sltest_simout.get('sigsOut').get('pitch').Values.Time(1:15000);
Data = test.sltest_simout.get('sigsOut').get('pitch').Values.Data(1:15000);
% Find peaks
[~, peakIds] = findpeaks(Data,'minpeakheight', 0.002, 'minpeakdistance', 50);
peakTime= Time(peakIds);
peakPos = Data(peakIds);
rn = peakPos(1)./peakPos(2:end);
L = 1:length(rn);
% Do curve fitting
fittedModel = exponentialFitAndPlot(L, rn);
delta = fittedModel.d;
% Find damping ratio
dRatio = delta/sqrt((2*pi)^2+delta^2);
% Make sure damping ratio is greater than 0
test.verifyGreaterThan(dRatio,0,'Damping ratio must be greater than 0');

テスト結果

テスト ケースを実行すると、減衰比がゼロより大きくなる 2 つの条件が返されます。

results = sltest.testmanager.run;

反復 12 と 13 の翼のピッチのプロットで、正の減衰比 (反復 12) と負の減衰比 (反復 13) の間の相違がわかります。

sltest.testmanager.close
close_system('sltestFlutterSuppressionSystemExample.slx',0)