Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プロジェクトにおける要件に基づく開発

プロジェクトは、ファイルを整理して共有し、ソース管理システムを操作するのに役立ちます。一般的に、要件に基づく開発には複数のコントリビューターと複数のファイルが含まれるため、モデル、要件、リンク、およびテストを 1 つのプロジェクト内で整理することを検討してください。詳細については、プロジェクトとはを参照してください。

要件、モデル、およびテストの構成

複数のユーザーがソース管理の 1 つのプロジェクトに円滑に取り組めるようにするために、以下のことを考慮してください。

  • モデル、要件、およびテストをプロジェクト内の個別のフォルダーに保存する。

  • 要件セットまたはモデルを開いたときにリンク元とリンク先が関連付けられるように、フォルダーをプロジェクト パスに追加する。

  • Git などのソース管理ツールを使用して、プロジェクトおよびプロジェクト ファイルについて共同で作業する。

  • 要件をモデル (または、コードやテストなど) にリンクするときに、トレーサビリティ データ ファイルは同じフォルダー内にモデルとして保存される。トレーサビリティ データ ファイルを個々のモデル、コード、またはテストとともにフォルダーに保存する。

  • プロジェクトの要件セットを開くと、プロジェクトのその他の要件とリンク セットが読み込まれる。

これはモデル、複数のテスト、および要件セットをもつシンプルなプロジェクトです。

共有ライブラリのモデル、要件セット、要件リンクおよびサポート ファイルがプロジェクトに含まれる場合は、ローカル モデルと共有要件の間に要件リンクを作成できます。ローカルの要件と共有のモデルおよびサポート ファイルの間に要件を作成することもできます。共有ライブラリの要件データは、ローカルの要件データに統合されます。

slreq.refreshLinkDependencies コマンドを使用して、要件リンク情報を更新できます。