Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

大規模な検証状態空間をもつモデル

永続設計変数 (あるタイム ステップで割り当てられ、シミュレーション中の後のタイム ステップで使用される変数) は、入力の複雑度と同程度に、解析の複雑度に影響します。次の 1 つ以上の手法を使用して、検索する状態空間の複雑度を単純化できます。

  • 遅延する入力信号に制約を適用する。

  • 条件に基づいて実行されるサブシステムの中に含まれる状態に入力を制約する。

  • [最大テスト ケース ステップ数] パラメーターを 20 に設定して、テスト ケース ステップ数を制限する。

  • モデルの一部またはすべてのサンプル時間を増やす (この手順は、カウンターとタイマーで説明されているタイマーのしきい値を小さくする方法に似ています)。低いサンプルレートで生成されるテスト ケースは、多くの場合、オブジェクティブを達成する必要がある高いサンプルレートのテスト ケースと似ています。

  • 極力厳密な変数の型を使用する。たとえば、値が 0 または 1 しかないフラグが double で定義されている場合、この型を Boolean に制限します。

前の状態値から計算して状態を表すことは、非常に困難です。たとえば、PID コントローラーで積分器の値を制限する場合、使用できるのは初期値から到達可能な値すべてが含まれる一連の値のみです。それ以外の場合は、入力を 0 にしなければなりません。これらのいずれの制限も実用的でなく、おそらく解析はより不完全なものになります。

また、既存のシミュレーション データを使用して、テストの要件を満たすために役立てることもできます。既存のテスト データがある場合、それをモデル上で実行してモデル カバレッジを収集します。既存のテスト スイートを拡張して未達モデル カバレッジを達成する例については、既存テスト スイートの拡張を参照してください。