Main Content

オブザーバーによる検証ロジックの分離

Observer Reference ブロックを使用すると、モデル内の検証ロジックを分離できます。検証ロジックを設計モデルから分離しておきたい場合には、Observer Reference ブロックを使用します。Observer Reference (Simulink Test) を使用すると、設計モデルを変更せずにオブザーバー モデルに変更を加えることができます。Observer Reference ブロックを使用することで、プロパティや要件の指定を、モデル設計の初期段階で行ったり、複数のモデル設計に対して行ったりできます。Observer Reference ブロックでは以下も可能です。

  • 設計要件をプロパティとしてモデル化し、Simulink® Design Verifier™ を使用して、そのプロパティを証明する。

  • 取得した出力に基づいてベースライン結果を確立し、モデルの回帰を検出する。

  • カスタム テスト オブジェクティブを使用して、機能設計要件のテスト ケースを生成する。

Observer Reference ブロックをダブルクリックすると、オブザーバー モデルが開きます。Observer Reference ブロックは、システム モデルの最上位にのみ配置でき、入力端子はありません。詳細については、Access Model Data Wirelessly by Using Observers (Simulink Test)を参照してください。

検証サブシステムの Observer Reference ブロックへの置換

カスタム検証オブジェクティブを作成する場合、Verification Subsystem ブロックの代わりに Observer Reference ブロックを使用できます。Observer Reference ブロックは、システム モデルの検証に使用するオブザーバー モデルという別の検証モデルを参照します。Verification Subsystem ブロックを Observer Reference ブロックに変換することで、システム モデルを整理できます。Verification Subsystem ブロックを Observer Reference ブロックに変換するには、検証サブシステムを右クリックして、[オブザーバー][選択したブロックをオブザーバーに移動][新規オブザーバー] を選択します。この操作は元に戻せません。この操作により、システム モデルに Observer Reference ブロックが追加され、オブザーバー モデルが開きます。オブザーバー モデルは、MATLAB® パス上にある書き込み可能なフォルダーに保存しなければなりません。

モデル sldvdemo_debounce_validpropVerification Subsystem ブロック Verify Output が含まれているケースを考えてみましょう。

このサブシステムを Observer Reference ブロックに変換することにより、システムの整合性をテストする機能を維持しながら、サブシステムをシステム モデルに接続する信号を削除します。

2 つの信号 debounceraw がオブザーバー モデル sldvdemo_debounce_validprop_Observer1 内の 2 つの Observer Port ブロックに自動的にマッピングされます。

設計モデルを変更せずに、sldvdemo_debounce_validprop のプロパティを検証できます。

Observer Reference ブロックに関するレポート

モデルに Observer Reference ブロックが含まれている場合、Simulink Design Verifier の解析レポートでは、[オブザーバー モデル] サブセクションに Observer Reference ブロックのプロパティ証明、テスト ケース生成情報、および設計エラー情報が表示され、[設計モデル] サブセクションに設計モデル情報が表示されます。詳細については、Simulink Design Verifier レポートを参照してください。

制限

  • Simulink Design Verifier は以下をサポートしていません。

    • Model ブロックを含むオブザーバー モデル

    • 定数信号を観測するオブザーバー モデル

    • オブザーバー モデルへのブロック置換ルールの適用

    • 設計モデルと異なる基本レートで実行されるオブザーバー モデル

    • オブザーバー モデル内でのパラメーターの調整

    • Observer Reference ブロックを含むモデル用に Embedded Coder® で生成されたコードのテスト生成

    • 可変ステップのソルバー設定を使用して解析を実行するオブザーバー モデル

      メモ

      オブザーバー モデルにこのリストの制限のいずれかが含まれる場合、解析中に対応する Observer Reference ブロックは無視されます。

  • Simulink Design Verifier の解析は、次の場合にエラーを返します。

    • スタンドアロンのオブザーバー モデルを解析した

    • Observer Reference ブロックに対してサブシステム抽出を実行した

参考

(Simulink Test) | (Simulink Test) | |

外部の Web サイト