Main Content

Function-Call Subsystem を使用したエクスポート関数モデルの解析

この例では、周期的な Function-Call Subsystem で構成されるモデルの解析方法を説明します。この例では、AUTOSAR モデル例 sldvExportFunction_autosar_multirunnables を使用します。

  1. 例のフォルダーを検索パスに追加します。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','sldv','examples'));
  2. sldvExportFunction_autosar_multirunnables モデルを開きます。

    open_system('sldvExportFunction_autosar_multirunnables');
  3. テスト生成解析を実行するには、[Design Verifier] タブで [テスト生成] をクリックします。

    Simulink® Design Verifier™ の [検証結果の概要] ウィンドウには、スケジューラ モデル sldvExportFunction_autosar_multirunnables_SldvScheduler.slx が作成されたことが示されます。スケジューラ モデルはsldvextractを使用して生成することもできます。

    このスケジューラ モデルは、MATLAB function ブロック _SldvExportFcnScheduler で構成されています。モデルは周期的な Function-Call Subsystem で構成されているため、関数が周期的に呼び出されます。

    この MATLAB コードは、周期的な関数呼び出しの実行順序を指定しています。Runnable1 および Runnable2 は、時間間隔がどちらも 1 であるため、最初に実行されます。10 タイム ステップ後、Runnable3 が実行されます。

    非周期的な Function-Call Subsystem で構成されているモデルの場合、スケジューラは追加の入力端子 FcnTriggerPort で構成されます。FcnTriggerPort の値は、タイム ステップ内で関数呼び出しを行うかどうかを示します。

    たとえば、Runnable1 が非周期的な Function-Call Subsystem である場合、FcnTriggerPort Inport ブロックでスケジューラ モデルが呼び出されます。このグラフィックスは、[タイミング凡例] ウィンドウと非周期的な関数呼び出しのスケジューラ モデルを示しています。

    テスト生成解析後、Simulink Design Verifier の [検証結果の概要] ウィンドウには 7/7 のオブジェクティブが Satisfied という結果が示されます。

  4. テスト ケースをシミュレートしてカバレッジ レポートを生成するには、Simulink Design Verifier の [検証結果の概要] ウィンドウで、[テストをシミュレートしてモデル カバレッジ レポートを生成] をクリックします。

    テスト ケースがシミュレートされ、モデル カバレッジ情報が収集されてカバレッジ レポートが表示されます。

  5. 詳細な解析レポートを表示するには、Simulink Design Verifier の [検証結果の概要] ウィンドウで [HTML] をクリックします。

    [解析情報] の章の [エクスポート関数解析のスケジュール] の節に、エクスポート関数を呼び出すスケジュールがリストされます。

    エクスポート関数解析のスケジュール

関連するトピック