Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

サブシステムのテスト ケースの生成

モデル内のサブシステムを解析することができます。この手法は、大きなモデルにおいて、より小さく管理しやすいレポートで解析をレビューする場合に便利です。

この例では、sldvdemo_cruise_control モデルの Controller サブシステムの解析方法を説明します。

  1. モデル例を開きます。

    sldvdemo_cruise_control
  2. Controller サブシステムを右クリックして、[Design Verifier][[Atomic サブシステムとして扱う] を有効にして解析] を選択します。

    Controller サブシステムの [Function ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [Atomic サブシステムとして扱う] を選択します。

    "Atomic サブシステム" は、親モデルを基準にした単位として動作します。Subsystem ブロックの実行は、親ブロックの実行とインターリーブしません。Atomic サブシステムを抽出して、スタンドアロンのモデルとして使用できます。

    Simulink® Design Verifier™ でサブシステムを解析するには、[Atomic サブシステムとして扱う] パラメーターを設定します。

    パラメーターを設定すると、他のパラメーターが使用可能になりますが、それらは無視して構いません。

  4. ダイアログ ボックスを閉じるには、[OK] をクリックします。

  5. [シミュレーション] タブの [ファイル] セクションで、[保存][名前を付けて保存] を選択して、Cruise Control Test Generation モデルを新しい名前で保存します。

  6. サブシステムの解析を開始してテスト ケースを生成するには、Controller サブシステムを右クリックして、[Design Verifier][サブシステムに対するテストを生成] を選択します。

  7. Simulink Design Verifier ソフトウェアによりサブシステムが解析されます。解析が完了したら、次のオプションのいずれかをクリックして Controller サブシステムの解析結果を表示します。

    • 解析結果をモデル上で強調表示

    • シミュレーション データ インスペクターにテストを表示

    • 詳細な解析レポート

    • ハーネス モデルの作成

    • テスト ケースを Simulink Test にエクスポート

    • テストをシミュレートしてモデル カバレッジ レポートを生成

    メモ

    一定のオブジェクティブを処理した後に解析が停止またはタイムアウトした場合、テスト生成アドバイザーを使用すると、問題の原因となっているサブシステムを詳細に把握できます。詳細は、テスト生成アドバイザーによる解析可能コンポーネントの特定を参照してください。

  8. サブシステム解析の結果をレビューして、その結果をモデルの解析に記載されているモデル全体の解析結果と比較します。

    • サブシステム解析では、Controller をスタンドアロン モデルとして解析しています。

    • Controller サブシステムには Cruise Control Test Generation モデルのすべてのテスト オブジェクティブが含まれています。どちらの解析でも同じテスト ケースが生成されます。