Main Content

sldvruntestopts

sldvruntest または sldvruncgvtest に対するシミュレーションまたは実行オプションの生成

説明

runOpts = sldvruntestopts は、sldvruntest に対する runOpts 構造体を生成します。

runOpts = sldvruntestopts('cgv') は、sldvruncgvtest に対する runOpts 構造体を生成します。

すべて折りたたむ

sldvdemo_cruise_control モデルに対する runOpts を作成します。次に、sldvruntest を使用してモデルを解析します。

sldvdemo_cruise_control モデル例を開きます。

open_system('sldvdemo_cruise_control');

sldvoptions を設定し、sldvruntest に対する runOpts を作成します。

opts = sldvoptions;
opts.Mode = 'TestGeneration';
opts.SaveHarnessModel = 'on';
opts.SaveReport = 'off';
[ status, files ] = sldvrun('sldvdemo_cruise_control', opts);
runOpts = sldvruntestopts;

runOpts を使用してモデルを解析します。

[ outData ] = sldvruntest('sldvdemo_cruise_control',...
    files.DataFile, runOpts);

入力引数

すべて折りたたむ

sldvruncgvtest の既定の runOpts 構造体を生成します。

例: runcgvtest_options = sldvruntestopts('cgv');

出力引数

すべて折りたたむ

フィールドが sldvruntest または sldvruncgvtest のコンフィギュレーションを指定する構造体。フィールド名を指定しない場合、sldvruncgvtest または sldvruntest は既定値を使用します。runOpts は、次の表にリストされているフィールドをもつことができます。

Field Name説明
testIdx

dataFile からシミュレートまたは実行するテスト ケース インデックス配列。

testIdx[] の場合、すべてのテスト ケースはシミュレートまたは実行されます。

signalLoggingSaveFormat

sldvruntest のみに利用できます。

モデルの outport に接続する信号、およびログ作成用に設定された中間信号の信号ログ データの形式を指定します。

[データセット] を指定した場合、データは Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトに格納されます。

既定の設定: 'Dataset'

coverageEnabled

sldvruntest のみに利用できます。

true の場合、Simulink® Coverage™ ソフトウェアがシミュレーション時にモデル カバレッジ データを収集します。

既定の設定: false

coverageSetting

sldvruntest のみに利用できます。

モデル カバレッジの収集に使われる cvtest オブジェクト。

coverageSetting[] の場合、sldvruntestoptssldvruntest に対する呼び出しで指定したモデルのカバレッジ設定を返します。

既定の設定: []

allowCopyModel

sldvruncgvtest のみに利用できます。

CGV API を使ってテスト ケースを実行するよう sldvruncgvtest を設定していない場合、allowCopyModel はモデルを作成して設定するように指定します。

設定が true の場合、CGV API を使ってテスト ケースを実行するように model を設定していない場合は、sldvruncgvtest はモデルをコピーし、コンフィギュレーションを修正してから、コピーしたモデル上でテスト ケースを実行します。

false (既定) の場合、CGV API を使ってテストを実行できなければ、エラーが発生します。

メモ

最上位のモデルまたは参照モデルで、テスト ケースを実行するように設定されていない場合は、allowCopyModeltrue であっても、sldvruncgvtest はモデルをコピーしません。エラーが発生します。

cgvComType

sldvruncgvtest のみに利用できます。

CGV では、ソフトウェアインザループ (SIL) またはプロセッサインザループ (PIL) の いずれかの方法を定義します。

  • 'topmodel' (既定)

  • 'modelblock'

cgvConn

sldvruncgvtest のみに利用できます。

CGV の実行モードを指定します。

  • 'sim' (既定)

  • 'sil'

  • 'pil'

fastRestart

sldvruntest のみに利用できます。

true の場合、Simulink Design Verifier™ はモデルのシミュレーションに高速リスタート モードを使用します。

既定の設定: true

useParallel

sldvruntest のみに利用できます。

true の場合、Simulink Design Verifier はテスト ケースを並列計算でシミュレートします。このオプションには Parallel Computing Toolbox™ のライセンスが必要です。

既定の設定: false

代替方法

MATLAB® コマンド ウィンドウから sldvruntest に対する runOpts オブジェクトを作成します。

バージョン履歴

R2010b で導入