ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロジェクトを使用した Simulink モデルのアップグレード

プロジェクトのすべてのモデルを簡単にアップグレードするには、プロジェクトで [プロジェクトのアップグレード] ツールを使用します。

例のファイルを設定しプロジェクトを開く

次のコマンドを実行して、プロジェクト ファイルの作業用コピーを作成して開きます。

Simulink.ModelManagement.Project.projectDemo('airframe', 'git');
rebuild_s_functions('no_progress_dialog');
Building with 'gcc'.
MEX completed successfully.

プロジェクトの例では、ファイルが新しいフォルダーにコピーされるので、Git バージョン管理下でファイルを編集して使用することができます。ファイルのバージョン管理によって、アップグレードされたモデル ファイルと元のバージョンを比較できます。

すべてのプロジェクト モデルと MATLAB コードの一括自動アップグレード

簡単なワークフローを使用して、プロジェクト内のすべてのモデルと MATLAB コードを最新リリースにアップグレードします。プロジェクトのアップグレード ツールは、可能な場合に修正を自動的に適用し、プロジェクト内のすべてのモデル階層構造を同時にアップグレードしてレポートを生成できます。

[プロジェクト] タブで [チェックの実行]、[アップグレード] をクリックします。

これによりアップグレード アドバイザーのチェックが読み込まれ、プロジェクトで依存関係の解析が実行されることで、プロジェクト階層が必ず正しく処理されます。

[アップグレード] をクリックして、プロジェクトのすべてのモデル、ライブラリ、および MATLAB コードに対してすべてのアップグレード チェックを実行します。いずれかのチェックに失敗すると、利用可能な修正がある場合、プロジェクトは修正を自動的に適用した上で再度関連するチェックを実行し、チェックにパスすることを確認します。

レポートでアップグレードの結果を検証します。

詳細情報

プロジェクト ドキュメンテーションSimulink アップグレード アドバイザー ドキュメンテーションすべてのプロジェクト モデル アップグレード ドキュメンテーション